FC2ブログ
悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
過去詩 1 生命詩「死んではいけません」 更新は3番目の作品からです。
2036-12-31 Wed 18:02
eyes0342.jpg




「死んではいけません」




授けられた命
見守り育てられた命
涙と哀しみと絶望の淵にあっても守られた命
何物にも代えられない掛け替えのない命
自ら捨て去ってはいけないのです


命は自分ひとりだけの命ではありません
どうか
どうか
生き続けてください



何故自分は生まれてきたのか
その意味を見つけるまで 
歩み続けてください


もし同じように苦しんでいる人を見つけたら
共に助け合ってください
悲しみを知ってあげられるのは
苦しみを知っているあなただけなのだから


その時初めて
人を守る意味を知るのかもしれない
守り続けられた自分が
人を助けることができることを



人は一人ではありません
その苦しみの意味は人それぞれ違います
心の痛み病の痛み人からの中傷と暴言・・
どうしても乗り越えられない壁への絶望・・
数え切れないありとあらゆる苦しみは
人を絶望へと追いこむ



それでも尚 
諦めてはいけないのです
自分を守り
いつか愛する人を守るためにも
その試練を乗り越えなくてはなりません




35159758.jpg




どうか
生きてください
ちっぽけな体と心を持った自分を
守れるのは
自分だけではないですか


ちっぽけだと自分を知ることです
ちっぽけだからこそ
自分を守ってあげなくてはいけないのです


自分を信じて
自分を守れる優しい人になってください
自分の悩みを知り
哀しみの心の言葉の本当の真実を知っているのは
自分自身なのだから・・


もしも学校がそんな場所ならば
行かなくてもいいんです
嵐のとき小船が島影に身を寄せるように
自分をその島影に守ってあげなくてはいけません


逃げるのではありません
長い長いこれからの道のり
わずかの時間 木々で羽を休める小鳥のように
本能と知恵と休む勇気を
小鳥のように 自分を導けばいいのだから


限りない青空は 
きっと その未来に見えるでしょう
嵐を乗り切った小船や小鳥のように
生きていく希望と遥かなる未来を
その瞳で見ることができるのです
心と体いっぱいに受け止めることができるのです



授けられた命
見守り育てられた命
涙と哀しみと絶望の淵にあっても守られた命
何物にも代えられない掛け替えのない命
自ら捨て去ってはいけないのです


どうか守ってください
自分を
自分自身の勇気と優しさで・・


死んではいけません



96574694.jpg



作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。




2018/10/04
追記欄は全てこの記事の続きを読むに移動しました。
スクロールするのが大変なのでという、意見があったので、短くするよう試みました。
これで、少しだけですが、長さの問題が解決したでしょうか?。雫。。

その写真は画像素材 「写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。雫
★ 過去詩 1 生命詩「死んではいけません」 更新は3番目の作品からです。の続きを読む
関連記事
別窓 | 生命詩 | コメント:304 | トラックバック:0 | top↑
過去詩 2 生命詩「花と人」 更新は3番目の作品からです。
2036-12-30 Tue 00:00

azisai01_convert_20080604203027.jpg





「花と人」




花は ひとりで 咲いている



森の日陰で 咲く花も

子供の通う 道端にも

老夫婦 仲良く手をとり 歩く道にも

車 行き交う 道路横にも

山の 斜面に ひっそりと ひとりぼっちで 咲く花も



みんな 綺麗と 言われたい

みんな 可憐と 言われたい



けれども ひっそり しぼむ花

誰にも 見られず 枯れる花

こんな所と 言えないで

泣き言 なんか 言わないで

悲しい 言葉も 言えなくて




それでも 綺麗に 可憐に 咲いている




名も無き花も 高価な花も 

花に変わりは ないんだよ

一生懸命 綺麗に咲いて 自分の命を 終えるんだ




人も 同じで 赤子で生まれ

人生 華やか 過ごす人

道端 ばかりと 泣く人も

最初は だれも みな同じ

赤子で 生まれた はずなんだ



人は 歩いて 行けるけど

花は 歩いて 行けないよ



人は 躓き 倒れても

何度でも 立ち上がって 歩めるよ



花は 躓き 倒れる足もない

自由に 選べる 道もない




どちらが 幸せ 不幸せ


育ててくれる 父もない 甘えたくても 母もない


それでも 花は可憐に咲いて 人を労わる 心を持つよ





自由に 選べる 道がある 人ならばこそ 人になれ





身勝手ばかり 言うような

人を 押しのけ 喜ぶような

人を いじめて あざけるような




そんな 人には なりたくないと・・

花は

言って いるよな 気がするよ・・




花は ひっそり 咲いて 散る

誰にも 知られず 咲いて 散る

綺麗な 心のままで 咲いて 散る・・




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


2018/10/04
追記欄は全てこの記事の続きを読むに移動しました。
スクロールするのが大変なのでという、意見があったので、短くするよう試みました。
これで、少しだけですが、長さの問題が解決したでしょうか?。雫。。

2018/06025追記
とてもいい歌なのですが、上にあった動画は消えてしまいました。
その為、今、探してきました。

カノン - 明日への鼓動

画面上の、▶ボタンを押してもらえれば、聴けるようになります。


2008/06/04に投稿した詩です。
詩を一部書き直し、MVを初めて一緒に。

伝えたいのは・・いじめをしている人に

人として、恥じない生き方をして欲しい。
弱い人を、自分のはけ口として、暴力、暴言、排他、無視、
同じことを自分がされて、それは嬉しいことでしょうか?

人は間違いをします
それに気付くのも人です

今がその時です、
自らを改める・・チャンスは多くはありません。
気付き、直したいと思う時、それが今なら、

自らが自分と戦う時です。

人は間違いをします、
しかし、
それを直すことが出来るのが、人の強さだと思うのです。

いじめられている人を,、応援した詩が、生命誌「死んではいけません」なら
いじめている人が、その行いを間違いだと気付き、改める人を、応援する詩が、
生命誌「花と人」です。

過ちては改むるに憚ること勿れ
あやまちてはあらたむるにはばかることなかれ

どうか、私の心を真っ直ぐに見つめ、真心で受け止めてください。
あなたを信じています。雫。。

この作品で使用している写真は無料写真素材「フォトココ」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

関連記事
別窓 | 生命詩 | コメント:90 | トラックバック:0 | top↑
純愛詩「また 明日も このバスに 乗るんだ」
2019-02-16 Sat 00:00
eyes0716q.jpg







「また 明日も このバスに 乗るんだ」





学校帰り

ふたり

バスに

一番後ろ 左側の席 並んで 座った



きみが奥 僕が通路

いつもと同じ席

帰る時間ずらして この時間 バスには ふたりきり



田舎道 だから いい

揺れる 左右に 肩 ぼくに 触れる

ドキッとする 瞬間 



窓すこし開けた 長い髪 風に舞って ぼくに甘える



いつもは いろんな話 とめどなく流れるのに

今日は ふたり 無言



横顔 見詰めた きみ しらんぷり 

もっと 近づいて 見詰めた

ふいに こっちをみた




きみ 目を閉じた




ドキっと した 瞬間

空白の 三秒間 時間 止まった



触れた 一瞬



きみ 瞳 ひらいて ぼくをみた

唇がうごいた

「好き」

と 読めた

ぼくも

「好き」

と こたえた




また 静寂の一瞬


突然 クラクション 鳴った


ふたりの 専用バス 焼きもち妬いた?



笑った

ふたり 

顔見合わせて

笑った



顔 赤くなった ふたりの乗ってる バスのように



秘密だよ

お願い

明日 また 乗るから 怒らないで と

バスに 祈った



クラクション また鳴った バス 左右に揺れた



きっと 分かってくれた

ふたり 

また 仲良く くっついて

笑った



また 明日も このバスに 乗るんだ






作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。





2019/02/04追記
この詩は2008/02/03に投稿した 過去詩です。

久しぶりにこの詩を読んだら、可愛いなって思いました。
ただ、この時は動画を一緒にしていない時期で、
今回初めてバス、恋、などで検索。

でも、見つかるはずもなく、
好きなアニメ「からかい上手の高木さん」
のEDが可愛かったので、使えるかも?と

少し短いが、と思っていたら、
ラッキー、この少し長い動画が見つかりました。

アニメは可愛らしい、青春の二人の物語、
10年も前の、この詩に使うことが出来て、最高に嬉しいです。雫。。

2019/02/13追記
遅くなりましたが、娘と孫のご告です。

2月12日、無時に広島で免許取得できました。
その折は、婿の実家で孫共々、大変お世話になったようです。
その日は、孫をお祖母ちゃんに実家で預かってもらい、
祖父には車で、実家の岡山から、試験会場の広島まで自動車で。

その報告の後、写真がLINEで送られてきて、びっくり。
凄い豪華な雛飾り、
大阪のちっぽけな我が家には、飾れないぐらいの大きさ。
孫が、広い室内を動き回る動画なども・・。
実家は農家をされていて、お米や野菜も色々作っておられます。
そのおかげで、お米は一年分、全て送ってもらえるし、
野菜もこんなにもと、言うぐらい送ってもらえると聞いています。

孫も、日に日に元気に育っています。
両家にとって初孫なので、何から何までお姫様扱いのようです。
娘孫共々可愛がってもらい、
本当に、ありがたいことだと、感謝の気持で一杯です。

大阪に帰る予定など、何も話していません。
健康で元気が一番、それが一番の便りだと思っています。


最後に私自身の報告になります。
色々な方に、健康面を気遣う拍手コメントなどを頂き、ありがとうございます。
それなのに、お返事もせずに申し訳ありません。

先月の三か月検診も、レントゲンの結果など、問題なく過ごせています。
腰痛は新しい整形外科で、腰に注射などを打ってもらい、以前よりは良くなりつつあります。
これ以上悪化しないように願い、日々を過ごしています。
寒さも思ったよりもましで、そのことの心配は今のところありません。

あと、ブログでは、3月中旬頃まで、約週1回の予約更新を済ませました。
昨年、まさかの喀血などがあり、同じようなことが無いとは限らないので、
健康面で問題がない間に、出来るだけのことはしておこうと思っているからです。
以上、ご報告になります。
皆さまも、寒さに負けず、風邪などひかないよう、健康にお過ごしください。

いつもご訪問、応援、ありがとうございます。
それなのに、ポチ応援のみで、コメントなど残せずに、誠に申し訳ありません。
今後ともどうぞ宜しく、お願い致します。雫。。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫
関連記事
別窓 | 純愛詩 | コメント:12 | トラックバック:0 | top↑
生命詩「春風梅花」
2019-02-09 Sat 00:00
47853058.jpg





「春風梅花」





春風のような 梅よ


愛らしく 素朴な 梅よ


純朴で 可憐な 梅よ


白い花びらが 純白の心のまま 藍の空に映える









主役の座は 桜に


酸っぱい 実が きみの涙か 


それでも 健気に咲く 梅の花





梅よ 


誰もが呼ばずとも せめて 私だけでも 呼んであげよう


梅よ 梅よ 梅よ







桜に 勝るものがある


花も 実もある 梅の花


喜べ メジロも お前が 好きだと 寄ってくるじゃないか





梅よ


のどかな 日和


春一番の 風のような


一瞬の 主役の座を


きみの 涙を かじりながら 


温かな 陽射しを 共に 楽しまん




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。




追記2019/02/02
2008/03/18に投稿した過去詩です。

写真ブログの方の更新が
凄く素敵な、白梅の写真が載っていて、
もう少し先?と思っていたのですが、1週早めてこの詩で更新しました。

この詩は、昔、大正時代?の弁士のような気持ちで書いたことを思い出しました。
梅は桜に比べると、華やかさやみんなが花の元に集う、その様は、比べようもありません。
だからこそ、梅の花の応援詩を書きたい、と思いました。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。雫。。

関連記事
別窓 | 生命詩 | コメント:15 | トラックバック:0 | top↑
優心詩「かさぶたくんは きみのそばに 居るよ」
2019-02-02 Sat 00:00
suitekinomi200803.jpg





「かさぶたくんは きみのそばに 居るよ」




ぼくが きみを 守ってあげる
怪我をしたら ばい菌から
いじわる いじめ 心の傷も
ぼくが きみを 包(くる)んであげる
優しく 傍に 居てあげる


ちょっと 見た目は 悪いけど
気にしないで 二枚目半でも
きみが 大好き  その点だけは 
超が1000個も つくほど 二枚目だから
片目を つぶって 見て欲しい


転んで 泣いて 笑われて
走って 逃げても 傷ついたまま
小さいよ って 油断したら ダメだって
見えるところも 見えないところも
ちゃんと ぼくが 守ってあげる




暑くったって 剥がしちゃ だめだよ
無理やり 剥がすと ぼくの涙が流れるよ
せっかく きみを 守っているんだ
朝も 昼も 寝るときも 
ずっと 一緒 かさぶただから


片目で ウインク ありがとう
ぼくを 汚いなんて 言わずにさ
ぼくは きみを 守れて幸せ
少しの 間 友だちだった
でもね もうすぐ お別れだ


きみが げんきに なったなら
ぼくは きみから 離れるよ
泣いてる ひとが 呼んでいる
こんな サヨナラ 悲しくないよ 
きみが 元気になった 証拠だから




ごめんね ちょっぴり 泣き虫で
時々 ぼくを 想い出して
かさぶた くんは 元気かな?
どこかの 誰かを 治してるって
涙 流さず ぼくを送って


でもね 約束 していくよ
きみが 怪我や 困ったときは
ぼくは 飛んで 逢いに来る
だって 大好き きみだから
また 片目で ウインクしてね


もしも 喜びすぎて ぼくが転んで
怪我して かさぶた 必要だったら
そのとき きみが ぼくを守って
片目の ウインク それでいい
ぼくは きみから 離れない




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。


BUMP OF CHICKEN かさぶたぶたぶ

2019/02/01
この詩は2008/04/07に投稿した過去詩です。

BUMP OF CHICKEN の、とても好きな曲です。
ニコニコ動画にあったので、ブログで聴いてもらおうと思ったのですが・・。
何度設置しようとしても、ブログ内に表示することが出来ません。

BUMP OF CHICKEN かさぶたぶたぶ
を、押すと曲が聴けます。
曲を聴くためにはニコニコ動画まで、移動して貰うことになります。
ご迷惑をおかけしますが、どうぞ宜しくお願い致します。

あれから10年余りの月日が経ちました。
昔の詩を自分で読み返すと、その当時が懐く思い出されます。
まさか10年余り後に、
娘が結婚し孫に恵まれ、私が爺になるとは思いもつかなかったことです。雫。。

この作品で使用している写真は
フリー写真ブログもってって!」 Katsumiさまからお借りしています。
関連記事
別窓 | 優心詩 | コメント:26 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ | NEXT
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3