FC2ブログ
悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
過去詩 1 生命詩「死んではいけません」 更新は4番目の作品からです。
2036-12-31 Wed 18:02
eyes0342.jpg




「死んではいけません」




授けられた命
見守り育てられた命
涙と哀しみと絶望の淵にあっても守られた命
何物にも代えられない掛け替えのない命
自ら捨て去ってはいけないのです


命は自分ひとりだけの命ではありません
どうか
どうか
生き続けてください



何故自分は生まれてきたのか
その意味を見つけるまで 
歩み続けてください


もし同じように苦しんでいる人を見つけたら
共に助け合ってください
悲しみを知ってあげられるのは
苦しみを知っているあなただけなのだから


その時初めて
人を守る意味を知るのかもしれない
守り続けられた自分が
人を助けることができることを



人は一人ではありません
その苦しみの意味は人それぞれ違います
心の痛み病の痛み人からの中傷と暴言・・
どうしても乗り越えられない壁への絶望・・
数え切れないありとあらゆる苦しみは
人を絶望へと追いこむ



それでも尚 
諦めてはいけないのです
自分を守り
いつか愛する人を守るためにも
その試練を乗り越えなくてはなりません




35159758.jpg




どうか
生きてください
ちっぽけな体と心を持った自分を
守れるのは
自分だけではないですか


ちっぽけだと自分を知ることです
ちっぽけだからこそ
自分を守ってあげなくてはいけないのです


自分を信じて
自分を守れる優しい人になってください
自分の悩みを知り
哀しみの心の言葉の本当の真実を知っているのは
自分自身なのだから・・


もしも学校がそんな場所ならば
行かなくてもいいんです
嵐のとき小船が島影に身を寄せるように
自分をその島影に守ってあげなくてはいけません


逃げるのではありません
長い長いこれからの道のり
わずかの時間 木々で羽を休める小鳥のように
本能と知恵と休む勇気を
小鳥のように 自分を導けばいいのだから


限りない青空は 
きっと その未来に見えるでしょう
嵐を乗り切った小船や小鳥のように
生きていく希望と遥かなる未来を
その瞳で見ることができるのです
心と体いっぱいに受け止めることができるのです



授けられた命
見守り育てられた命
涙と哀しみと絶望の淵にあっても守られた命
何物にも代えられない掛け替えのない命
自ら捨て去ってはいけないのです


どうか守ってください
自分を
自分自身の勇気と優しさで・・


死んではいけません



96574694.jpg



作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




2018/10/04
追記欄は全てこの記事の続きを読むに移動しました。
スクロールするのが大変なのでという、意見があったので、短くするよう試みました。
これで、少しだけですが、長さの問題が解決したでしょうか?。雫。。

その写真は画像素材 「写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。雫
★ 過去詩 1 生命詩「死んではいけません」 更新は4番目の作品からです。の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 生命詩 | top↑
過去詩 2 生命詩「花と人」 更新は4番目の作品からです。
2036-12-30 Tue 00:00

azisai01_convert_20080604203027.jpg





「花と人」




花は ひとりで 咲いている



森の日陰で 咲く花も

子供の通う 道端にも

老夫婦 仲良く手をとり 歩く道にも

車 行き交う 道路横にも

山の 斜面に ひっそりと ひとりぼっちで 咲く花も



みんな 綺麗と 言われたい

みんな 可憐と 言われたい



けれども ひっそり しぼむ花

誰にも 見られず 枯れる花

こんな所と 言えないで

泣き言 なんか 言わないで

悲しい 言葉も 言えなくて




それでも 綺麗に 可憐に 咲いている




名も無き花も 高価な花も 

花に変わりは ないんだよ

一生懸命 綺麗に咲いて 自分の命を 終えるんだ




人も 同じで 赤子で生まれ

人生 華やか 過ごす人

道端 ばかりと 泣く人も

最初は だれも みな同じ

赤子で 生まれた はずなんだ



人は 歩いて 行けるけど

花は 歩いて 行けないよ



人は 躓き 倒れても

何度でも 立ち上がって 歩めるよ



花は 躓き 倒れる足もない

自由に 選べる 道もない




どちらが 幸せ 不幸せ


育ててくれる 父もない 甘えたくても 母もない


それでも 花は可憐に咲いて 人を労わる 心を持つよ





自由に 選べる 道がある 人ならばこそ 人になれ





身勝手ばかり 言うような

人を 押しのけ 喜ぶような

人を いじめて あざけるような




そんな 人には なりたくないと・・

花は

言って いるよな 気がするよ・・




花は ひっそり 咲いて 散る

誰にも 知られず 咲いて 散る

綺麗な 心のままで 咲いて 散る・・




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


2018/10/04
追記欄は全てこの記事の続きを読むに移動しました。
スクロールするのが大変なのでという、意見があったので、短くするよう試みました。
これで、少しだけですが、長さの問題が解決したでしょうか?。雫。。

2018/06025追記
とてもいい歌なのですが、上にあった動画は消えてしまいました。
その為、今、探してきました。

カノン - 明日への鼓動

画面上の、▶ボタンを押してもらえれば、聴けるようになります。


2008/06/04に投稿した詩です。
詩を一部書き直し、MVを初めて一緒に。

伝えたいのは・・いじめをしている人に

人として、恥じない生き方をして欲しい。
弱い人を、自分のはけ口として、暴力、暴言、排他、無視、
同じことを自分がされて、それは嬉しいことでしょうか?

人は間違いをします
それに気付くのも人です

今がその時です、
自らを改める・・チャンスは多くはありません。
気付き、直したいと思う時、それが今なら、

自らが自分と戦う時です。

人は間違いをします、
しかし、
それを直すことが出来るのが、人の強さだと思うのです。

いじめられている人を,、応援した詩が、生命誌「死んではいけません」なら
いじめている人が、その行いを間違いだと気付き、改める人を、応援する詩が、
生命誌「花と人」です。

過ちては改むるに憚ること勿れ
あやまちてはあらたむるにはばかることなかれ

どうか、私の心を真っ直ぐに見つめ、真心で受け止めてください。
あなたを信じています。雫。。

この作品で使用している写真は無料写真素材「フォトココ」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

関連記事
別窓 | 生命詩 | top↑
過去詩 3 幼子詩「魔法の手」 更新は4番目の作品からです。
2036-12-29 Mon 00:00

6695131.jpg 






「魔法の手」




おとうちゃんの 手 大好き

ええことしたら ほめてくれる 頭撫ぜてくれる

温かくて おっきくて  でも ごつごつ






おかあちゃんの 手 大好き

お料理たいへん まいにち おおきに

柔らかくて 細くて でも かさかさ





おじいちゃんの 手 大好き

腰曲がっても お手手つないで 散歩 うれしい

でも しわしわで 小さくて ざらざら





おばあちゃんの 手 大好き

編み物してる お洋服編んでる すごぃ!

でも やわやわで 赤くて  痛そう





うちみたいに すべすべと ちゃう

でも みんなの 手 大好きゃ

うちも あんな手に なりたいな






ごつごつで かさかさで ざらざらで いたそう

でも あんな手に なりたいねん





うちも 大きくなったら

いっぱい働いて みんなのご飯作って 誰にでも優しくして 可愛いお洋服編めるような

魔法の手に なるんや






魔法の手に なるために・・

いまからできること すこしだけ するんや






おとうちゃんの 手 撫ぜたるねん

いつも 働いてくれて おおきに 言うて 撫ぜたるねん

きっと 抱っこしてくれる 高い高い してくれる






おかあちゃんの 手 さすったるねん

お水つめたいのに お料理 洗濯 おおきに 言うて

きっと 泣きはる むっちゃ 泣きむしやさかい





おじいちゃんの 手 もんであげるねん

うちが 大きなったら じっちゃん 手をひいてあげるねん 言うたら 

きっと おおきにな  言うて ハンカチで 鼻かみはる





おばあちゃんの 手 つつんであげるねん

いつか おばあちゃんの お洋服 編んだげるねん 寒がりや さかいに

そない 言うたら きっと ポロポロ泣きはる うちも 一緒に 泣くやろな






うち ええ子に するさかい

みんなの手 みたいに

魔法の手に なるさかい・・





みんな


待っとってな・・




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。






2019/03/26 追記
改めて、この詩を読んで欲しくて、最初の方に掲載します。
以前も書きましたが、
自分が書いた全ての詩の中で、一番好きな詩です。
思えば、沢山の詩を書き、みなさまに読んで頂き、感謝しかありません。

この日に追記を追加し、04/01に投稿、順番は三番目にする予定です。
この三作品は、読んで貰いたい詩になります。
復帰した理由、いつか孫に読んでもらいたいとその思いも込めています。
コメント欄などを、閉じるまではもう少しあります。
昔、自らが書かれたものもあるかと思います。
再度読み返していただくまでは、もうすこしの時間になります。
この詩たちは、何かの理由で読めなくなるまで、ここに置かせていただきます。
いつか、読み返したくなった時は、またお寄りください。雫。。


2017/02/17追記
MVを Erutan さんに変更。
天使の歌声です、「Kate Covington」の名のアカウントも。雫。。

2017/02/17追記
2009/04/26に投稿した過去詩です。
もうすぐ8年になります。
創った詩や童話は、わが子と同様に大切に思っています。
投稿詩、未完成作品を合わせれば約500作品ぐらいに。
その中で、一番、私の好きな作品はこの詩です。
いじめ、暴行、虐待、あまりにも悲惨な事件が続いています。
まるで悪魔にあざ笑われているような気持ちです。
そんな邪心に負けないような
幼い子の純粋な疑問、優しさ、純真な願いをこの詩に託して書きました

がさがさの手 恥ずかしいこと あれへん
こんなんに なるまで がんばってんなぁ
 ありがとさん 魔法の手 おおきに

。雫。。


追記
今回は、すこし ホッとする詩を書きたくて。
詩は以前に書いていたものですが、写真が無くて、今まで没にしていました。
今日、他の恋愛詩を書いていたのに、急にこの詩を思い出して、写真を探しに。。
見つけて、無料で良かった、と。なんせ、細々ブログなのでww

曲も困って。でも、ジブリがあるか、と。
無理やりにこの曲を。ww
歌詞にも一部手の表現があるので、このへんで 手を打ってくださいww 
詩も少し付け加えました。関西弁で無いと、感じが出ないと。
やっぱり、手にこだわりがある、私だと感じました。雫。

追記
04/29 12:13
子供にとっては、何もかも始めての事は疑問に思う。
何故自分は小さいの?お父さんの手は大きいの?お母さんはかさかさ?
そんな風に自分なりに色々と考えます。

この詩で、一番言いたいのは・・
この手によって、育てられたということなんです。

この手と一緒に・・
おじいちゃん、おばあちゃんが苦労をして、お父さん、お母さんを産み、育てた。
そのための苦労を、この手は知っている。
お父さん、お母さんが、今、自分のために一生懸命に働いている・・。
ごつごつになり、かさかさになってまでも。

そんな苦労を、少女の感性に託して、褒めてあげたかったんです。
「こんな手になりたいな・・」って みんなに言ってあげたかったんです。
世の中の全ての、おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さんたちに・・。。


この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。



04/28 01:30
たくさんのコメント応援ありがとうございます。
実は今日も午前中に、もうひとつの会社に行かなければいけないので
お返事のまだの方は、申し訳ないです、帰ってからにさせてもらいます。
今から食事ww 新しく転勤してきた方との初めての打ち合わせに寝過ごしたら大変なので・・。。雫。
関連記事
別窓 | 幼子詩 | top↑
生命詩「朽ちた橋」
2019-08-11 Sun 19:58
706850.jpg






「朽ちた橋」





待っていてくれたのかい 

いつの日か

昔のように 渡ってくれる人が 来るのを



風雨にさらされ 

形は橋として見えるけれど

渡ってはいけない

危ないよ と 

きみ自身が言っているようだね





でも 心配はいらないよ 

渡ってあげる 

渡りたいんだ

きみの今までの悲しみを 

忘れてもらうために

忘れさせるためにも





今まで ありがとう

沢山の人々が きみのおかげで 助かったんだよ

もう昔の事かも知れないけれど

子供達の歓声 人々の笑い声 話し声を覚えてるでしょう

涙流して 橋を渡った人もいて

きみは心配して いた事でしょう

でも月日が経って 人の姿も消えていき 

何時しか忘れられた 





でも きみは凄いことをしていたんだよ

誰も当たり前だと 思っていたかもしれない

ここに橋があり 日々渡ることが出来ることが

当り前だと 思ってはいけないんだね



今は

少し淋しいでしょう

でも みんな みんな 感謝していたんだよ

それは間違いないから

きみが 生まれ

沢山の人のために 生き 頑張ってくれたんだね






誰しも老いていく 

今は

弱く微かな 命の灯を灯すだけだとしても

心配しなくていいよ 

大丈夫

きみは立派に 渡してくれる 

きっと




橋として生まれ 

育った

誕生の時から

何も言わずに人々を渡した日々

幾多の人々の人生のお手伝いが 出来たんだから

すごいね

ありがとうと 言って渡った人は 居なかったのかい?







言ってあげる 

きみに伝えたいんだ

ありがとうを



今までも これからも

渡ってくれる 人を待つ きみの為に 

ありがとうと






作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。






追記 
2019/08/11 19:55
お久しぶりです。
この詩は、
「橋」で写真を検索したときから気になっていて、ブログ内に保存。
短い詩を書いて、続きが完結できずに、
それこそ、この橋のように野ざらしになっていました。
今日ブログを覗くと、何故か広告が消えていて、???。
嬉しくなって、以前のこの詩を見て、続きを書きあげることが出来ました。

曲、橋、歌で検索、あるはずがなく曲なしで?とも、思ったが、この人の曲ならと。
熊木杏里 さんを、Youtubedeで連続して聴きました。
巡り合いってあるんですね、この曲を聴いて、直感で決めていました。
そして、何度も聴きながら、詩を追加しました、これで投稿できます。

夏真っ盛り、みなさん熱中症などには本当に気を付けてくださいね。
娘と孫が帰省しています、一歳を過ぎ立ち上がり元気な姿を見て喜んでいます。

私自身の事で、皆さまにも伝えたいのですが、食事にはご注意を。
自分では粗食なので、問題がないと思っていたのですが、眼に障害が。
なので、今は野菜を主に、うどん類は止め、お米も日に少量を一食だけにしています。
それと、止血剤が問題に?だから、今はこの薬を医師に相談し止めることにしました。

つい数年前まで、全く医者も、薬も無用の生活を送っていました。
それが、まさかですね。。
だから、老いていくという 、気持がわかるようになり、
この橋の詩を、書けたのかもしれません。雫。。

追記2019/08/15 20:25
前回の追記にも書いたように、目に障害が。
その再診のために、本日病院に行く予定でした。
しかし、電話があり時間変更。

有難いですね、午後の予定を、
午前なら台風の影響も無いのではと、午前の、来院を薦めて頂きました。
医師の提案により、スタッフの方から連絡でした。
その優しい思い、l心配りに感激しました。
午後からは、雨の予定、病院の往復に、困っていた所でした。

雨も降っていない時間に、再診を済ませ、帰りも晴れていました。
心が台風前なのに、晴天となりました。

現在、大阪も雨がきつく降っています。
皆様方におかれまして、
台風による、被害が無いことを祈りつつ、ご報告をさせてもらいます。雫。。


この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね


関連記事
別窓 | 生命詩 | top↑
生命詩「生きてほしい」
2019-05-08 Wed 00:00
422737_convert_20190507122722.jpg





「生きてほしい」




きみの心が 

苦しさに包まれて 耐えきれない時

悲しみを捨てようと 思い悩んだ時

涙が一筋 

きみを 慰めようと 流れた時





きみは 

今を生きていることに 気付くはず

何のために 

悲しみに 耐えているのか 

それは 生きようとしているから

力の限り 生き続けようと 思っているから





何もかもを 投げ出したいと 

諦めを 心で 叫んだ時

救いの言葉が 聞こえなくなった時

小さな昔の 幸せを 思い出せなくなった時




だからこそ

振り返って欲しい



きみを守り 助け 支え

手をつなぎ 共に歩いた人の 手のぬくもりを




泣きぬれて しゃがみこんだ時

誰かが傍に いてくれたはず

もう 泣かなくて いいよと 

抱きしめてくれたはず








お父さんが 頑張れるのは 

きみがいるから

自分を父親にしてくれた

きみがいるから



小さな手 安らかな寝顔 

生涯守りたいと 誓った心

勇気を振り絞ることのできる

父にしたのは きみなんだよ





お母さんが 笑顔でいられるのは 

きみがいるから

自分を 母にしてくれた 

きみがいるから



きみを授かり きみに逢いたいと

命を懸けて 産む勇気を与えた

小さな命を 守り続けようと誓った

母にしたのは きみなんだよ




きみは 全ての人の 希望なんだよ




だから 

みんな

何があっても 我慢ができるんだ

小さな家庭を 守り通したいと 生きているんだ






生きているから 悩み 

挫折し 悲しさに包まれる

でも きみは 

知っていますか

分かっていますか




きみが

人を 生かしている という事を




苦しいことが あっても

悲しいことが あっても

きみが 傍に居るだけで

笑顔になる人が たくさん 居ることを

知ってほしい 気付いてほしい




だから

生きてほしい

命の限り 



これからも 

ずっと いつまでも

生きてほしい




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。



追記2019/05/07 20:21
悲しい事件が、何時までも無くなりません。
きみを愛している人を、
どうか悲しませないでください。

生きたくても、生きられない人もいます。
逃げ出してください。
自分自身を守り、助け、救うことは、最良の道なんです。
きみを愛する人を悲しませるのが、
一番悲しいことだと分かって下さい。
残された人は、生きる希望を失くしてしまいます。

きみのたいせつなふるさとへ。
帰りましょう。
愛する人が待つ家へ。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね

関連記事
別窓 | 生命詩 | top↑
| 雫にサヨナラ | NEXT
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3