FC2ブログ
悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
過去詩 1 生命詩「死んではいけません」 更新は3番目の作品からです。
2036-12-31 Wed 18:02
eyes0342.jpg




「死んではいけません」




授けられた命
見守り育てられた命
涙と哀しみと絶望の淵にあっても守られた命
何物にも代えられない掛け替えのない命
自ら捨て去ってはいけないのです


命は自分ひとりだけの命ではありません
どうか
どうか
生き続けてください



何故自分は生まれてきたのか
その意味を見つけるまで 
歩み続けてください


もし同じように苦しんでいる人を見つけたら
共に助け合ってください
悲しみを知ってあげられるのは
苦しみを知っているあなただけなのだから


その時初めて
人を守る意味を知るのかもしれない
守り続けられた自分が
人を助けることができることを



人は一人ではありません
その苦しみの意味は人それぞれ違います
心の痛み病の痛み人からの中傷と暴言・・
どうしても乗り越えられない壁への絶望・・
数え切れないありとあらゆる苦しみは
人を絶望へと追いこむ



それでも尚 
諦めてはいけないのです
自分を守り
いつか愛する人を守るためにも
その試練を乗り越えなくてはなりません




35159758.jpg




どうか
生きてください
ちっぽけな体と心を持った自分を
守れるのは
自分だけではないですか


ちっぽけだと自分を知ることです
ちっぽけだからこそ
自分を守ってあげなくてはいけないのです


自分を信じて
自分を守れる優しい人になってください
自分の悩みを知り
哀しみの心の言葉の本当の真実を知っているのは
自分自身なのだから・・


もしも学校がそんな場所ならば
行かなくてもいいんです
嵐のとき小船が島影に身を寄せるように
自分をその島影に守ってあげなくてはいけません


逃げるのではありません
長い長いこれからの道のり
わずかの時間 木々で羽を休める小鳥のように
本能と知恵と休む勇気を
小鳥のように 自分を導けばいいのだから


限りない青空は 
きっと その未来に見えるでしょう
嵐を乗り切った小船や小鳥のように
生きていく希望と遥かなる未来を
その瞳で見ることができるのです
心と体いっぱいに受け止めることができるのです



授けられた命
見守り育てられた命
涙と哀しみと絶望の淵にあっても守られた命
何物にも代えられない掛け替えのない命
自ら捨て去ってはいけないのです


どうか守ってください
自分を
自分自身の勇気と優しさで・・


死んではいけません



96574694.jpg



作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




2018/10/04
追記欄は全てこの記事の続きを読むに移動しました。
スクロールするのが大変なのでという、意見があったので、短くするよう試みました。
これで、少しだけですが、長さの問題が解決したでしょうか?。雫。。

その写真は画像素材 「写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。雫
★ 過去詩 1 生命詩「死んではいけません」 更新は3番目の作品からです。の続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 生命詩 | top↑
過去詩 2 生命詩「花と人」 更新は3番目の作品からです。
2036-12-30 Tue 00:00

azisai01_convert_20080604203027.jpg





「花と人」




花は ひとりで 咲いている



森の日陰で 咲く花も

子供の通う 道端にも

老夫婦 仲良く手をとり 歩く道にも

車 行き交う 道路横にも

山の 斜面に ひっそりと ひとりぼっちで 咲く花も



みんな 綺麗と 言われたい

みんな 可憐と 言われたい



けれども ひっそり しぼむ花

誰にも 見られず 枯れる花

こんな所と 言えないで

泣き言 なんか 言わないで

悲しい 言葉も 言えなくて




それでも 綺麗に 可憐に 咲いている




名も無き花も 高価な花も 

花に変わりは ないんだよ

一生懸命 綺麗に咲いて 自分の命を 終えるんだ




人も 同じで 赤子で生まれ

人生 華やか 過ごす人

道端 ばかりと 泣く人も

最初は だれも みな同じ

赤子で 生まれた はずなんだ



人は 歩いて 行けるけど

花は 歩いて 行けないよ



人は 躓き 倒れても

何度でも 立ち上がって 歩めるよ



花は 躓き 倒れる足もない

自由に 選べる 道もない




どちらが 幸せ 不幸せ


育ててくれる 父もない 甘えたくても 母もない


それでも 花は可憐に咲いて 人を労わる 心を持つよ





自由に 選べる 道がある 人ならばこそ 人になれ





身勝手ばかり 言うような

人を 押しのけ 喜ぶような

人を いじめて あざけるような




そんな 人には なりたくないと・・

花は

言って いるよな 気がするよ・・




花は ひっそり 咲いて 散る

誰にも 知られず 咲いて 散る

綺麗な 心のままで 咲いて 散る・・




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。



2018/10/04
追記欄は全てこの記事の続きを読むに移動しました。
スクロールするのが大変なのでという、意見があったので、短くするよう試みました。
これで、少しだけですが、長さの問題が解決したでしょうか?。雫。。

2018/06025追記
とてもいい歌なのですが、上にあった動画は消えてしまいました。
その為、今、探してきました。

カノン - 明日への鼓動

画面上の、▶ボタンを押してもらえれば、聴けるようになります。


この作品で使用している写真は無料写真素材「フォトココ」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

★ 過去詩 2 生命詩「花と人」 更新は3番目の作品からです。の続きを読む
関連記事
別窓 | 生命詩 | top↑
お知らせ。
2018-11-04 Sun 22:38
9719417_convert_20170519093740_20181104223904984.jpg



いつものように突然ですが、お休みのお知らせになります。



ここ一週間程前から、指先が痛くて、コメントが書きにくくなっていました。
その為、皆さまへの書き込みが極端に減ってしまいました。


ポチ応援にしても、右手の人差し指が痛いので、中指を使ってポチ応援する状態でした。
なので、コメントをしても、おかしな短い変な文章になっていたはずです。
それと共に、パソコンの不調によって、何度もネット停止によるトロブルにも困っていました。



あと、気になっていたのは、11/06日が、三か月検診です。
もしも、突然、休みをしなければいけない状態になるかもしれないのなら、
今、お休みする方が良いのではとも、ここ数日考えていました。


腰痛も治らない時に、
再検査、指の痛み、パソコンの買い替え、ランキングのトラブルも解決しない状態です。
このような状態では、ブログも続けていくのは、難しいと判断しました。
お休みして、完全に近い状態に戻してから、復帰した方が良いと思いました。



申しわけないのですが、身体の状態が戻るまで、
暫くお休みさせてもらいたく、ご報告させていただきます。
その間、コメント欄などを、閉めさせていただきます、
勝手を言いますが、どうかお許しください。



今年いっぱいは、お休みさせていただきます。
来年の新年のご挨拶はしたいと思っています。
その時に、復帰かどうかの報告を、改めてさせていただきたいと思います。



尚、娘夫婦も孫も元気で、順調に育っていて、とても嬉しく思っています。
また大阪で再開し、楽しい時間を一緒に過ごしたいと思っています。



復帰したり、お休みしたりと、いつもご迷惑をおかけして、誠に申し訳なく思っています。


尚、
拍手欄は11/05一杯は開けておきます。
11/06日以降は閉めたいと思っています。



勝手ながら、お返事が書きにくい状態なので、
拍手欄に公開しない状態で書いてもらえればありがたいです。



詩や動画は今まで通り、ブログの公開の状態にしておきます。
但し、拍手、コメント欄は、お返事がかけないと思うので閉めさせて頂きます。
そして、ランキングバナーなどは、後から全て外したいと思います。
ポチ応援できるときは、行かせてもらいます。



復帰は来年になると思います、その時は宜しくお願いたします。雫。。



この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
関連記事
別窓 | お知らせ | top↑
生命誌「雨」
2018-10-31 Wed 00:00
7267253.jpg





「雨」




空から 落ちても 痛い と言えず

草木の 上に 雫 となって

土に 埋もれて 茎にも 吸われ

花を 綺麗に 咲かせます




人は 道々 咲く 花を 

見つめて 綺麗と 誉め そやす

雨が 降ったら 嫌そな 顔で

空を 見つめて 傘を 差す




いつの 間にか 咲いて いる

誰が 育てた 気づかず 知らず

咲いてる 花に 問うことも 無く




悲しい だろう 空の 雨

誰も 気づかず 知られずに

人も 草木も 生かしてる




命の 恵みを 注ぐ雨

全ての 生きもの 飲む水 降らそ

全ての 生きもの 生かすため




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。





2018/10/25 追記
この詩は、昨年、4月に書いたものです。
でも、公開寸前に、動画が消えて居て、別の詩に替えて投稿。
それから今までブログ内にしまっていました。
今日、新めてこの詩を見て、歌、雨で検索したら、
昨年消えていた、動画を再発見、投稿することにしました。
気になる個所を、数カ所変更、投稿後にも変えるかもしれません。雫。。

追記 2017/04/30 00:55
風邪気味で寝込んでいて、やっと起き出して、
ふと、金子 みすゞ さんの詩を読みたくなって。
パソコンで調べて、やっぱり その優しい視線が嬉しくて。
「土」とか、自然の中で、普段は誰も気づいてくれない。
こんな作品が特に好きで、読んでいて、
そういえば、雨の作品はあったのかな?と・・

感化されて書いたのが、この「雨」です。
今日、朝早くて、寝る時間が無いのに、曲を急遽探して、写真も。
ほんと、自分でも時間の使い方が下手だなぁ、と思いますね。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

関連記事
別窓 | 生命詩 | top↑
幼子詩「泪」
2018-10-24 Wed 00:00
300732.jpg





「泪」




悲しくて 堪らない時 

泣いたら いいんだよ

我慢することなく 声をあげて 

誰もいない所で 独りぽっちで

消すことが出来ない 悲しみ 

心の奥底の 一番大切に 仕舞える場所へ

自分だけが その部屋の鍵を持ち 

逢いたいときに そっと 箱を空ければいい







泪 枯れるまで 泣いたらいいんだよ

暗く包まれた今日  希望の光の無い明日

立ち上がれない時 しゃがみこんだ今

手の震えさえ止まらない 空を見る光さえ無い時

心を空っぽにするまで 泣いたらいいんだよ 

目の前の 光が消えた時

それでも その日まで 果てしない思いを 消してはいけない 

大切なものを 自分だけの ものにするために






それでも きみは生きている 

生きたくても まえに進みたくても 歩めなかった人たち

その悲しみが 分かるから

いつまでも 歩みを停めては いけない

絶望に包まれても きみは生きなければ いけないのだ 

きみを守り 育ててくれた 人たちのために

生きて 泣いても 一歩一歩 歩んで行けばいい 





笑顔を 

空に向かって 見せてあげよう

きっと 待っている 

大きくなった きみの姿を 

泪流しながら 見守る人が居るから

悲しい時

泪は いつでも きみの そばに 優しく 居るから  

心配ないからね






作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。






写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
関連記事
別窓 | 幼子詩 | top↑
| 雫にサヨナラ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3