FC2ブログ
悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
幼子詩「あのね あのね」
2017-05-05 Fri 00:00
10546213.jpg




「あのね あのね」



あのね あのね

じっちゃん ばっちゃん 

ほらほら見てみて

はみがき ひとりで できるんだ

ママも上手って ほめてくれたよ  

ピカピカ 光って きれいでしょ

パパはえらいな って 抱っこだよ 

高い高いで 面白かった




あのね あのね 

バイキンさんが さよなら言ったよ 

ごしごし きれいに みがいたら 

困ったよ って 泣いちゃった

ちょっぴり かわいそ なったけど 

痛いの いやだよ さよならしたよ




あのね あのね

パパママ おねがい あるんです 

はみがき ひとりで できたから

ごほうび ほしいな お願いあるの
 
じっちゃん ばっちゃん おうちに泊まる 

お泊り券を くださいな




あのね あのね

大好き じっちゃん 

堤防 お散歩 連れてって

大好き ばっちゃん 

お豆腐はいった お味噌汁 作ってね

いっぱい食べたら ハミガキするよ

じっちゃん ばっちゃん

見ていてね




あのね あのね

じっちゃん ばっちゃん お願いあるの

みーが お嫁に いくときに

ふたり 一緒に 来てほしい 

げんき券を おくるから 

ずーっと ずっと 元気でいてね

ずーっと ずっと 長生きしてね



作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。





2017/05/03追記
この詩は2月に出来ていたのですが
動画が見つからずに、投稿できませんでした。
本日、見つけた時は、嬉しくて万歳気分。

毎週金曜、投稿日、今日は偶然「子供の日」
詩もきっと喜んでいると、思います。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
別窓 | 幼子詩 | コメント:28 | トラックバック:0 | top↑
幼子詩「おとうたん おかあたん あんがとう」
2017-04-21 Fri 00:00
7325400 (2)





「おとうたん おかあたん あんがとう」




入園式 お手て繋いで 仲良しこよし

ルンルン 気分で 保育園

でもね 明日からは

とうたん かあたん 帰っちゃう

どしたら いいの 一人になるよ




最初は 園に来るたび 泣いてたよ 

ひとりぼっち 置いてけぼりで 悲しくて

でもね ともだち できて 楽しくなったよ

せんせも やさしい うれしいな





春の遠足 お芋ほり 

プールに お遊戯 運動会

みんな 仲良く できました




困った ことは おかずの納豆

食べなかったら 遊びに いけません

せんせに おこられ 食べました




でもね 今は 年長さん

強くなったよ 納豆大好き

おかわり たのんで 食べてるよ




おゆうぎ 駆けっこ 竹馬だって

みんな できるように なりました

甘えん坊じゃ ありません




心配しないで おおきくなったよ

涙に サヨナラ できました

保育園を 卒業だ もうすぐ ピカピカ一年生

桜も 咲いたよ お祝いだって




最後の最後 言っちゃうよ

おとうたん おかあたん あんがとう

あ いい間違い またしたね




「おとうさん あかあさん ありがとう」

もうすぐ ピカピカ 一年生

でもね やっぱり 言いたいな




・・・まいにち  おしごと たいへんですね・・・




「おとうたん おかあたん あんがとう」




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。







2017/04/20追記
他の動画を予定していましたが、
本日見たら、消えていて、大慌てで・・
この動画に変更しました。
但し、この方に、動画の使用を確認していません。
もしも、このブログでの使用をお認めにならない場合はご連絡を、お願い致します。
直ぐに、変更いたします。
とても良い動画で、内容も可愛く素晴らしいので・・
出来れば使わせていただきたいのですが・・。
誠にに勝手ながら、ブログにて、追加、報告をさせていただきます。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
別窓 | 幼子詩 | コメント:20 | トラックバック:0 | top↑
幼子詩「かくれんぼ」
2017-03-06 Mon 08:17

eyes0197_20080516044506.jpg





「かくれんぼ」




空は 

あんなに 澄んだ蒼

雲が 悪戯 隠したよ



きっと 

焼きもち 女の子

だって 泣き虫 おこりんぼ



拗ねて 

お空で ひとつ雲

雷 鳴らして 教えてる







ここに 

いるから 気づいてと

きっと 追い駆け 待っている







空が 

あんなに 青いのに

夜が 

真っ暗 変えました

きっと 

悪戯 男の子





だって 

乱暴 いじわるだ

拗ねて 

闇夜で ひとつ星

キラキラ 

光るは きっと ナミダ





ここに 

いるのに 気づいてと

きっと 

声かけ 待っている





嫌われる

なんて 思っていない

ただ 

淋しい から したことさ

遊び

相手が 欲しいんだ

だから 

意地悪 するんだね





ここに

居るよ わたしは 居るよ

そんな 

甘えた かくれんぼ






見つけて

あげよう 目を瞑(つむ)り

心で 

泣いてる 場所 さがそ






きっと 

そこに 隠れてる

見つけ 

られるの 待っている




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。




2017/03/06追記
懐かしく読み返していました。
いい意味で、この頃の自分と今も何も変わっていないと。
それが嬉しかった。
カテゴリー、生命詩から幼子詩に変更しました。

この詩と同じように、詩もかくれんぼ
投稿したのは2008/05/16日から
見つけてほしくて、読んでほしくて、この日に。

当時はMVが無くて 今、慌てて探しました
ピカチュウに使われていた曲、これに。雫。。

追記
悪戯っ子は、淋しいんです。
怒らないで、叱ってください。
叱らないで、抱きしめてあげてください。
きっと、淋しいんです、「かくれんぼ」してるんです。雫。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

別窓 | 幼子詩 | コメント:28 | トラックバック:0 | top↑
幼子詩「魔法の手」
2017-02-17 Fri 00:00

6695131.jpg 






「魔法の手」





おとうちゃんの 手 大好き

ええことしたら ほめてくれる 頭撫ぜてくれる

温かくて おっきくて  でも ごつごつ






おかあちゃんの 手 大好き

お料理たいへん まいにち おおきに

柔らかくて 細くて でも かさかさ





おじいちゃんの 手 大好き

腰曲がっても お手手つないで 散歩 うれしい

でも しわしわで 小さくて ざらざら





おばあちゃんの 手 大好き

編み物してる お洋服編んでる すごぃ!

でも やわやわで 赤くて  痛そう





うちみたいに すべすべと ちゃう

でも みんなの 手 大好きゃ

うちも あんな手に なりたいな






ごつごつで かさかさで ざらざらで いたそう

でも あんな手に なりたいねん





うちも 大きくなったら

いっぱい働いて みんなのご飯作って 誰にでも優しくして 可愛いお洋服編めるような

魔法の手に なるんや






魔法の手に なるために・・

いまからできること すこしだけ するんや






おとうちゃんの 手 撫ぜたるねん

いつも 働いてくれて おおきに 言うて 撫ぜたるねん

きっと 抱っこしてくれる 高い高い してくれる






おかあちゃんの 手 さすったるねん

お水つめたいのに お料理 洗濯 おおきに 言うて

きっと 泣きはる むっちゃ 泣きむしやさかい





おじいちゃんの 手 もんであげるねん

うちが 大きなったら じっちゃん 手をひいてあげるねん 言うたら 

きっと おおきにな  言うて ハンカチで 鼻かみはる





おばあちゃんの 手 つつんであげるねん

いつか おばあちゃんの お洋服 編んだげるねん 寒がりや さかいに

そない 言うたら きっと ポロポロ泣きはる うちも 一緒に 泣くやろな






うち ええ子に するさかい

みんなの手 みたいに

魔法の手に なるさかい・・





みんな


待っとってな・・




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。






2017/02/17追記
MVを Erutan さんに変更。
天使の歌声です、「Kate Covington」の名のアカウントも。雫。。

2017/02/17追記
2009/04/26に投稿した過去詩です。
もうすぐ8年になります。
創った詩や童話は、わが子と同様に大切に思っています。
投稿詩、未完成作品を合わせれば約300作品ぐらいに。
その中で、一番、私の好きな作品はこの詩です。
いじめ、暴行、虐待、あまりにも悲惨な事件が続いています。
まるで悪魔にあざ笑われているような気持ちです。
そんな邪心に負けないような
幼い子の純粋な疑問、優しさ、純真な願いをこの詩に託して書きました

がさがさの手 恥ずかしいこと あれへん
こんなんに なるまで がんばってんなぁ
 ありがとさん 魔法の手 おおきに

。雫。。


追記
今回は、すこし ホッとする詩を書きたくて。
詩は以前に書いていたものですが、写真が無くて、今まで没にしていました。
今日、他の恋愛詩を書いていたのに、急にこの詩を思い出して、写真を探しに。。
見つけて、無料で良かった、と。なんせ、細々ブログなのでww

曲も困って。でも、ジブリがあるか、と。
無理やりにこの曲を。ww
歌詞にも一部手の表現があるので、このへんで 手を打ってくださいww 
詩も少し付け加えました。関西弁で無いと、感じが出ないと。
やっぱり、手にこだわりがある、私だと感じました。雫。

追記
04/29 12:13
子供にとっては、何もかも始めての事は疑問に思う。
何故自分は小さいの?お父さんの手は大きいの?お母さんはかさかさ?
そんな風に自分なりに色々と考えます。

この詩で、一番言いたいのは・・
この手によって、育てられたということなんです。

この手と一緒に・・
おじいちゃん、おばあちゃんが苦労をして、お父さん、お母さんを産み、育てた。
そのための苦労を、この手は知っている。
お父さん、お母さんが、今、自分のために一生懸命に働いている・・。
ごつごつになり、かさかさになってまでも。

そんな苦労を、少女の感性に託して、褒めてあげたかったんです。
「こんな手になりたいな・・」って みんなに言ってあげたかったんです。
世の中の全ての、おじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さんたちに・・。。


この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。



04/28 01:30
たくさんのコメント応援ありがとうございます。
実は今日も午前中に、もうひとつの会社に行かなければいけないので
お返事のまだの方は、申し訳ないです、帰ってからにさせてもらいます。
今から食事ww 新しく転勤してきた方との初めての打ち合わせに寝過ごしたら大変なので・・。。雫。
別窓 | 幼子詩 | コメント:42 | トラックバック:0 | top↑
幼子詩「あれ良い これ良い しても良い」
2013-07-19 Fri 22:36
610259_20130719214729.jpg 




「あれ良い これ良い しても良い」




砂浜 お絵かき 自由に描ける
おっきく 描いても 叱られない
おうちの壁に 絵を描いた 
大好き クレヨン 捨てられた 


大好き お絵かき できないよ
ぼくは どこで なにしょう
泣いたら クレヨン 返してくれる?
ごめんて 言ったら ゆるしてくれる


でもね ぼくは 泣きたくない
好きな ことを してただけ
あれ駄目 これ駄目 しては駄目 
ぼくの首には 見えない首輪 





雲の上で 暮らすんだ
ひとりじゃないよ 友達いっぱい 
猫さん 犬さん 小鳥さん 
ぼくが いっぱい 描くからさ


みんなで 暮らせる 家描こう
食事も いっしょ にぎやかに
きまりを つくって おきたいな
みんな 全員 守ろうね


だれも いじめちゃ いけません
だれも 殺しちゃ 駄目ですよ
みんな 仲よく 笑顔で暮らす
これが ほうりつ 決まりごと





あれ駄目 これ駄目 しては駄目
みんな 反対 してみよう
悪いこと 以外は しても良い
あれ良い これ良い しても良い


子供は お絵かき しても良い
猫は 柱掻くのは しても良い
犬は 吼えて鳴くのを しても良い
鳥は 部屋で飛ぶのを しても良い


みんな 仲よく 遊ぼうね
みんなが 王様 兵隊さん
鬼ごっこに かくれんぼ
でもね 夜は 静かに寝よう





ぼくは 泣かない 負けないよ
ともだち いっぱい いるからさ
みんな 自由に 生きれたら
それだけで いいんだ このままで


きっと いつか クレヨンなくなる
みんな 描きたい それが出来ない
でもね ぼくの 心の中で
一緒に いたこと 消えないよ


大きくなったら 叱らない
あれ駄目 これ駄目 しては駄目
そんなことは 言わないよ
あれ良い これ良い しても良い




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。






追記
今日も病院へ、待っているとき、帰ってから
詩をずっと書けていなくて、それなのに応援してもらい・・
申し訳ないな・・と

そして
以前に書いた詩を書き直して、今やっと書けました。

すいませんが・・
明日また仕事が早いので、今から急いで皆様のところへ☆彡。
しかし、コメントを書く時間が無いので、申し訳ありません。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
別窓 | 幼子詩 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ | NEXT
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3