FC2ブログ
悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
想い出「正しい嘘」
2012-09-18 Tue 23:59
8079105.jpg


「正しい嘘」


『レ・ミゼラブル』(Les Misérables)
子供のころ、紙芝居で見ました。
この物語が強烈な印象を与えてくれました。

この物語を私達に選び、話してくれたのは
小4年生、担任S先生。
とても素敵な優しい女性教師でした。



ジャン・ヴァルジャンの物語
貧困に耐え切れず、
たった1本のパンを盗んだ罪で19年も服役していた。


ジャン・ヴァルジャンは、人が信じられなかった。
貧しさに飢え、風雨にさらされ汚れきった服を纏い、
貧しさゆえ、文字も知識も教育も、何一つ受けることの出来なかった。


そんな彼に向けられる蔑まれる視線。
ただ、貧しいだけで、何一つ悪いことなどしてはいないのに・・。
それなのに、たった一本のパンを盗んだと、19年の刑をうけた・・。
そして服役して出てきた、その日・・
身よりも金もない彼は・・司教館を訪ねた。


そんな彼を、司教は暖かく迎えた。
なのにその夜、彼は司教が大切にしていた、銀の皿を盗んだ。
そして逃げた。


彼は憲兵に捕まり司教の下へ。
司教は怒り、失望の言葉を吐くのかと思ったら、そうではなかった。


「この食器は、彼にあげたものなのです」と、


盗んだというのは、間違いだと、彼を釈放させた。


何故、初めて会った、こんな私を・・
ジャン・ヴァルジャンは、自分のしたことを
本心から、悪かったのだと悟った。


人を信じることが、初めて出来たのかもしれない。
そんな彼に、
さらに、二本の銀の燭台をも彼に差し出した・・。
どうぞ、お持ちなさい、と。
ジャン・ヴァルジャンが、初めてひとりの人として
暖かく見守る人が居ることを、知った。




この、紙芝居を見て、本当に衝撃を受けた。
口先だけの、実体のない言葉で
「悪いことをしてはいけません」
「人のものを盗んではいけません」
何万回言われても、ここまで心に届かなかっただろうと。



子供心にも、司教のその優しさ、
広い心、感動し、太陽の心を知った。

そして、嘘はいけないけれど、
人を守る為の嘘は許されるのだと、分かった。

だから、そのことを、自分の子供にも、教えました。

嘘はいけない、しかし人を守り、許す嘘はついてもいいのだと。
そんな嘘ならどんどん嘘をつきなさい、
99人が嘘つきだとさげすんでも、
たった1人の人を助けることの出来る嘘なら、
それは正しい嘘なのだと。




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。







追記
人の命を、
自分の命、家族の命、大切な人の命と、同じ気持ちで見守れないのかと・・
特に、最近の事件は悔しい気持ちでいっぱいになります。

私は、自分がされて嫌な事は、人にはしない。
自分がされて嬉しいことは、人にもしてあげたい。
それを、信条のひとつにしています。
そんな当たり前のこと、当然なことが為されていない。

道徳教育、家庭の躾、優しさの本質等を誰も教えない。
いや、教えられないのでしょうね、
知らないことは、教えることは出来ないのだから

私が幸運にも、小学校4年で担任になった
S先生のような先生が
みなさんの傍に居ることを願っています・・雫。。


この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね
★ 想い出「正しい嘘」の続きを読む
関連記事
別窓 | 想い出 | コメント:22 | トラックバック:0 | top↑
純愛詩「席替え」
2012-09-04 Tue 21:25
3848157.jpg 




「席替え」



今日は 朝から 気合が入ってる
恋が実るか 散るか 運命の日!?
くじを引く 右手100回 洗っちゃった
どうか 一ミリでも傍に 彼の近くに


新学期 最大の問題事 席替え
どうか どうか どうか 隣にお願い
もしも それが 駄目なら 斜め後ろに
それなら チラ見 何度も 出来るから




親友に すぐ気づかれた 顔に出てる?
「気合満点 私も祈るよ」 って 
ほんとに おまえは 良いやつだ
今日の お弁当 玉子焼き あげる


運命の時 近づいた 神様仏様
おじいちゃん おばあちゃん 父母その他
何が何でも 引き当てる 奇跡の右手
くじ箱が 近づく 心臓破裂寸前 やばいょ





席順発表 彼は後ろだ 私も続け!
あぁでもね 斜めの席は もう消えた
残るは ばら色 特別席の 隣だけ
結果は まさか まさか まさか


なんで なんで なんで 親友が隣に
茫然自失 暗黒世界 貧血転倒 
夢も希望も 風船爆発 医務室直行?
私は 最悪 島流し 一番前じゃん




親友にっこり 私を見て ウインク




なんで なんで なんで ウインク?
親友突然立ち上がり 先生直言
「こんな後ろじゃ 見えません だから
一番前の 仲良し友達の 席と代わらせて」 


先生 勉強優先 視力限界 納得
仕方がないと 私に同意 求めてきたよ
反対するわけ 無いじゃない!!!!!!
でもね でもね でもね 仕方ない振り





あぁ 親友の言うことなら しょうがないです
なぁんて もったいぶって 言っちゃった
誰か気づいて 反対意見 来ないよう
短い時間 永遠の時間 心臓バクバク 


あぁ とうとう ゲット いや譲られた席
親友に 抱きつき 涙 鼻水 くっつけた
嫌がる 親友 離さず言った 感謝の言葉
「これから 毎日 玉子焼き プレゼントだぜ」





作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。






追記2017/01/06
曲を Saku 『春色ラブソング』に変更しました。
青春、いいですね。雫。。

追記
写真、今日もフォトライブラリーさんで、
気に入った可愛い子供の写真を2作品をゲット。
もしかして?と最後の一枚を残しておいて、大正解。

ブログに使う曲を探していて、
「だってだってだって」を発見。

そして写真探し・・
この写真も可愛くて、詩のイメージそのままで、
見つけた時はうれしかった。

「だってだってだって」
何度も聴いていて、この詩が書けました。
なんとか、今日に間に合いました。
見たら、火曜日に連続更新していたので。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね
関連記事
別窓 | 純愛詩 | コメント:24 | トラックバック:0 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3