FC2ブログ
悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
過去詩 1 生命詩「死んではいけません」 更新は4番目の作品からです。
2036-12-31 Wed 18:02
eyes0342.jpg




「死んではいけません」




授けられた命
見守り育てられた命
涙と哀しみと絶望の淵にあっても守られた命
何物にも代えられない掛け替えのない命
自ら捨て去ってはいけないのです


命は自分ひとりだけの命ではありません
どうか
どうか
生き続けてください



何故自分は生まれてきたのか
その意味を見つけるまで 
歩み続けてください


もし同じように苦しんでいる人を見つけたら
共に助け合ってください
悲しみを知ってあげられるのは
苦しみを知っているあなただけなのだから


その時初めて
人を守る意味を知るのかもしれない
守り続けられた自分が
人を助けることができることを



人は一人ではありません
その苦しみの意味は人それぞれ違います
心の痛み病の痛み人からの中傷と暴言・・
どうしても乗り越えられない壁への絶望・・
数え切れないありとあらゆる苦しみは
人を絶望へと追いこむ



それでも尚 
諦めてはいけないのです
自分を守り
いつか愛する人を守るためにも
その試練を乗り越えなくてはなりません




35159758.jpg




どうか
生きてください
ちっぽけな体と心を持った自分を
守れるのは
自分だけではないですか


ちっぽけだと自分を知ることです
ちっぽけだからこそ
自分を守ってあげなくてはいけないのです


自分を信じて
自分を守れる優しい人になってください
自分の悩みを知り
哀しみの心の言葉の本当の真実を知っているのは
自分自身なのだから・・


もしも学校がそんな場所ならば
行かなくてもいいんです
嵐のとき小船が島影に身を寄せるように
自分をその島影に守ってあげなくてはいけません


逃げるのではありません
長い長いこれからの道のり
わずかの時間 木々で羽を休める小鳥のように
本能と知恵と休む勇気を
小鳥のように 自分を導けばいいのだから


限りない青空は 
きっと その未来に見えるでしょう
嵐を乗り切った小船や小鳥のように
生きていく希望と遥かなる未来を
その瞳で見ることができるのです
心と体いっぱいに受け止めることができるのです



授けられた命
見守り育てられた命
涙と哀しみと絶望の淵にあっても守られた命
何物にも代えられない掛け替えのない命
自ら捨て去ってはいけないのです


どうか守ってください
自分を
自分自身の勇気と優しさで・・


死んではいけません



96574694.jpg



作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




2018/10/04
追記欄は全てこの記事の続きを読むに移動しました。
スクロールするのが大変なのでという、意見があったので、短くするよう試みました。
これで、少しだけですが、長さの問題が解決したでしょうか?。雫。。

その写真は画像素材 「写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。雫
★ 過去詩 1 生命詩「死んではいけません」 更新は4番目の作品からです。の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 生命詩 | top↑
過去詩 2 生命詩「花と人」 更新は4番目の作品からです。
2036-12-30 Tue 00:00

azisai01_convert_20080604203027.jpg





「花と人」




花は ひとりで 咲いている



森の日陰で 咲く花も

子供の通う 道端にも

老夫婦 仲良く手をとり 歩く道にも

車 行き交う 道路横にも

山の 斜面に ひっそりと ひとりぼっちで 咲く花も



みんな 綺麗と 言われたい

みんな 可憐と 言われたい



けれども ひっそり しぼむ花

誰にも 見られず 枯れる花

こんな所と 言えないで

泣き言 なんか 言わないで

悲しい 言葉も 言えなくて




それでも 綺麗に 可憐に 咲いている




名も無き花も 高価な花も 

花に変わりは ないんだよ

一生懸命 綺麗に咲いて 自分の命を 終えるんだ




人も 同じで 赤子で生まれ

人生 華やか 過ごす人

道端 ばかりと 泣く人も

最初は だれも みな同じ

赤子で 生まれた はずなんだ



人は 歩いて 行けるけど

花は 歩いて 行けないよ



人は 躓き 倒れても

何度でも 立ち上がって 歩めるよ



花は 躓き 倒れる足もない

自由に 選べる 道もない




どちらが 幸せ 不幸せ


育ててくれる 父もない 甘えたくても 母もない


それでも 花は可憐に咲いて 人を労わる 心を持つよ





自由に 選べる 道がある 人ならばこそ 人になれ





身勝手ばかり 言うような

人を 押しのけ 喜ぶような

人を いじめて あざけるような




そんな 人には なりたくないと・・

花は

言って いるよな 気がするよ・・




花は ひっそり 咲いて 散る

誰にも 知られず 咲いて 散る

綺麗な 心のままで 咲いて 散る・・




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


2018/10/04
追記欄は全てこの記事の続きを読むに移動しました。
スクロールするのが大変なのでという、意見があったので、短くするよう試みました。
これで、少しだけですが、長さの問題が解決したでしょうか?。雫。。

2018/06025追記
とてもいい歌なのですが、上にあった動画は消えてしまいました。
その為、今、探してきました。

カノン - 明日への鼓動

画面上の、▶ボタンを押してもらえれば、聴けるようになります。


2008/06/04に投稿した詩です。
詩を一部書き直し、MVを初めて一緒に。

伝えたいのは・・いじめをしている人に

人として、恥じない生き方をして欲しい。
弱い人を、自分のはけ口として、暴力、暴言、排他、無視、
同じことを自分がされて、それは嬉しいことでしょうか?

人は間違いをします
それに気付くのも人です

今がその時です、
自らを改める・・チャンスは多くはありません。
気付き、直したいと思う時、それが今なら、

自らが自分と戦う時です。

人は間違いをします、
しかし、
それを直すことが出来るのが、人の強さだと思うのです。

いじめられている人を,、応援した詩が、生命誌「死んではいけません」なら
いじめている人が、その行いを間違いだと気付き、改める人を、応援する詩が、
生命誌「花と人」です。

過ちては改むるに憚ること勿れ
あやまちてはあらたむるにはばかることなかれ

どうか、私の心を真っ直ぐに見つめ、真心で受け止めてください。
あなたを信じています。雫。。

この作品で使用している写真は無料写真素材「フォトココ」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

別窓 | 生命詩 | top↑
生命詩「生きてほしい」
2019-05-08 Wed 00:00
422737_convert_20190507122722.jpg





「生きてほしい」




きみの心が 

苦しさに包まれて 耐えきれない時

悲しみを捨てようと 思い悩んだ時

涙が一筋 

きみを 慰めようと 流れた時





きみは 

今を生きていることに 気付くはず

何のために 

悲しみに 耐えているのか 

それは 生きようとしているから

力の限り 生き続けようと 思っているから





何もかもを 投げ出したいと 

諦めを 心で 叫んだ時

救いの言葉が 聞こえなくなった時

小さな昔の 幸せを 思い出せなくなった時




だからこそ

振り返って欲しい



きみを守り 助け 支え

手をつなぎ 共に歩いた人の 手のぬくもりを




泣きぬれて しゃがみこんだ時

誰かが傍に いてくれたはず

もう 泣かなくて いいよと 

抱きしめてくれたはず








お父さんが 頑張れるのは 

きみがいるから

自分を父親にしてくれた

きみがいるから



小さな手 安らかな寝顔 

生涯守りたいと 誓った心

勇気を振り絞ることのできる

父にしたのは きみなんだよ





お母さんが 笑顔でいられるのは 

きみがいるから

自分を 母にしてくれた 

きみがいるから



きみを授かり きみに逢いたいと

命を懸けて 産む勇気を与えた

小さな命を 守り続けようと誓った

母にしたのは きみなんだよ




きみは 全ての人の 希望なんだよ




だから 

みんな

何があっても 我慢ができるんだ

小さな家庭を 守り通したいと 生きているんだ






生きているから 悩み 

挫折し 悲しさに包まれる

でも きみは 

知っていますか

分かっていますか




きみが

人を 生かしている という事を




苦しいことが あっても

悲しいことが あっても

きみが 傍に居るだけで

笑顔になる人が たくさん 居ることを

知ってほしい 気付いてほしい




だから

生きてほしい

命の限り 



これからも 

ずっと いつまでも

生きてほしい




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。



追記2019/05/07 20:21
悲しい事件が、何時までも無くなりません。
きみを愛している人を、
どうか悲しませないでください。

生きたくても、生きられない人もいます。
逃げ出してください。
自分自身を守り、助け、救うことは、最良の道なんです。
きみを愛する人を悲しませるのが、
一番悲しいことだと分かって下さい。
残された人は、生きる希望を失くしてしまいます。

きみのたいせつなふるさとへ。
帰りましょう。
愛する人が待つ家へ。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね

別窓 | 生命詩 | top↑
生命詩「春風梅花」
2019-02-09 Sat 00:00
47853058.jpg





「春風梅花」





春風のような 梅よ


愛らしく 素朴な 梅よ


純朴で 可憐な 梅よ


白い花びらが 純白の心のまま 藍の空に映える









主役の座は 桜に


酸っぱい 実が きみの涙か 


それでも 健気に咲く 梅の花





梅よ 


誰もが呼ばずとも せめて 私だけでも 呼んであげよう


梅よ 梅よ 梅よ







桜に 勝るものがある


花も 実もある 梅の花


喜べ メジロも お前が 好きだと 寄ってくるじゃないか





梅よ


のどかな 日和


春一番の 風のような


一瞬の 主役の座を


きみの 涙を かじりながら 


温かな 陽射しを 共に 楽しまん




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




追記2019/02/02
2008/03/18に投稿した過去詩です。

写真ブログの方の更新が
凄く素敵な、白梅の写真が載っていて、
もう少し先?と思っていたのですが、1週早めてこの詩で更新しました。

この詩は、昔、大正時代?の弁士のような気持ちで書いたことを思い出しました。
梅は桜に比べると、華やかさやみんなが花の元に集う、その様は、比べようもありません。
だからこそ、梅の花の応援詩を書きたい、と思いました。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。雫。。

別窓 | 生命詩 | top↑
生命詩「花」
2019-01-12 Sat 00:00
1360270 (1)





「花」





雪の下に その姿を隠し

ある温かな日

人に

春の訪れを 教えてくれる


生きているよ ここにいるよと

人が人として 時には失いかける 

勇気と希望を

失くしてはいけないと

そっと 

教えて くれるように







花は

愛情を 求めることなく 

感謝を 乞うこともなく

その姿 精一杯に 花びらを広げる


小さく 儚げな

可憐な姿に 目を止めて

自分を 取り戻す 人もいる

花は 

その時

生まれてきた使命を 

全う できたのかも しれない





花はいつも そばにいる 

何も言わず 何も求めず  

今日も 

花は咲く

野や山に 

人の心にも

可憐な心を

小さな花びらに 託して






花を愛でる 

人も 

いつか その使命を終える
 
その時も また 花は寄り添ってくれる



冷たくなった身体を 温めてくれるように 

最後の最後まで 傍にいてくれる

共に身を焼かれ 花は その命を終える

どこまでも

花は 人に 尽くしてくれる 

物言わぬ 

生きてきた 証を残すために・・





花は咲く 

春夏秋冬

人のそばにも 野山のかたすみにも

花よ 知っているの?

人の弱さを 人の傲慢さを


時には慰め 時には労わり 

雨の日も 風の日も 

己の身も 厭わずに 微笑みをくれる

倒れても 踏まれても 折られても 

ただ 運命と 受けいれる





花はいつも そばにいる 

何も言わず 何も求めず  

今日も 

花は咲く







作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。





2019/01/11  01:46追記
ホッとしました、やっと書けました、というより、
もしかしたら、もう書けないのかもしれないと、少し不安でした。

写真はすぐに、これだと決まりました。
小さなレンゲで、一輪で中央に、と。イメージ通りでした。
曲が困りました、歌詞を読んで欲しくて、手嶌葵さん一人だと、歌詞が無くて・・。
原曲の歌詞がついてあったものに、決めようと思った時に、
手島葵さんの「The Rose」歌詞付きを見つけ、この作品に。

花を擬人化?と、
また批判のコメントが、来るのかとも思いますが、
詩は私の心のままを書いています。
どうぞ、詩の心をそのままに、受け止めて頂ければ、幸いです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。雫。。


この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね

★ 生命詩「花」の続きを読む
別窓 | 生命詩 | top↑
| 雫にサヨナラ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3