FC2ブログ
悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
優心詩「夢の中で」
2019-04-05 Fri 21:21
2482641_20190405204904f2b.jpg




「夢の中で」



ずっとずっと

見させてくれて
ありがとう



ずっとずっと

大切にするよ
いままでと同じように



ずっとずっと

守ってくれたね
傍にいてくれたね





絆って
目に見えないんだね
僕も
素敵な 嘘つきになるよ



涙 流れるのは
心が 清いからだね
そんな人に 育ててくれて
感謝しているよ


晴れの日も
雨の日も
心の中に
ずっと 住んでいてね


寒い日も
暑い日も
守ってあげる
僕が 守られたように



夢を見るよ
これからも
一緒に 暮らそうね
夢の中で いつまでも




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。





2019/04/05 21:18追記
詩が書けたので、投稿します。

最初、いい曲だな、詞を読みたいと思って、
歌詞を調べたら、英語版が出てきて。
検索、日本語歌詞としたら、この訳詞が出てきました。

ユーザーの方の、一文を読んで、一気に書きました。
忌野清志郎さんに・・。
こんな真実の物語があったとは、今まで全く知りませんでした。
 歌詞のページ。 
やはり大切なのは、出会いですね。
曲と心を結び付けてくれて、ありがとうと言いたいです。

いつか書ければと、思っていた詩。
皆さまと約束が守れて嬉しいです。雫。

2019/04/10追記
一気に書いて投稿したので、
少し気になっていた所を直しました。
三カ所ほど。

本日は、孫の一歳の誕生日です。
元気に育ってくれています。
日に日に、笑顔が可愛い子に育ってくれています。

娘たち両親、そして曾祖母、祖父母の皆さまの、太陽のような愛情を注がれています。
孫が笑顔になれる、とても良い育て方をしてくれているのだと。
本当に有難く、感謝の中で、お祝いの日を迎えることが出来ました。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね


別窓 | 優心詩 | top↑
優心詩「優しくなれた」
2019-02-23 Sat 00:00
eyes0480.jpg





「優しくなれた」



悲しい人がいた

とても 優しいから 傷ついてる人がいた

人を責める事なんて できない

怒りの言葉も 知らない

いじらしい 健気な 人がいた




何かして あげること ないかな できる事 ないかな

ただ それだけ 自分にできること 考えた

話をきいて あげたい 

悲しみを 忘れさせてあげたくて

涙 捨てて欲しくて 

声かけた




一生懸命に 話しかけた

話した事 なにも 覚えていない 

でも 

気づいたら

笑い声 聞こえた

涙 流して 声も出なかった人 笑ってくれた

本当?

本当!

それだけ 

それだけのこと・・・




嬉しすぎて 笑わせた 自分が 

気づいたら 

泣いていた

嬉しくて 涙流れた ぽろぽろ




自分にも できることあったんだ

小さなこと 気づけたこと 出来たこと

ありがとう 

きみに感謝

自分の 心が 

もっともっと 優しくれたから




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。





2019/02/22
本日も気になっていた所、書き直しました。
ブログって本当に便利だな、と思う事が。
10年程前に書いた詩、今読み返し、
気になる個所、書き直してまた投稿ができる。

今現在の自分が、納得のいく詩に変えられること。
書籍では、瞬時にできないことも、簡単に出来る。
この詩も、久しぶりに日の目を見れて喜んでくれると思います。

2019/02/11追記
この詩は2008/02/25日に投稿した過去詩です。
数行書き直しました。

可哀想なことに、この詩に関しては、全く忘れていた。
だから、とても懐かしくて、自分で何度も読み返した。

写真も可愛くて、本当に当時フリーの写真が無かった時代。
「EyesPic」さんには本当にお世話になったこと改めて思い出した。
当時は、動画を一緒に投稿していなかった時代。
だから、詩のイメージをまず最初に伝える写真は選びに選んだ。
この詩の時には、凄く良いイメージで終われるものを捜した記憶があります。
そして、投稿時は希望詩で投稿していましたが、優心詩に変更します。

今日から、動画を投稿日までに探して見ます、あれば良いなと思いながら。
もし動画がない時でも、曲を探しに探したとお察し下さい。

2019/02/12追記
沢山、動画ありました。
この曲が一番明るく楽しくなれると思い、選びました。雫。。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

 


別窓 | 優心詩 | top↑
優心詩「かさぶたくんは きみのそばに 居るよ」
2019-02-02 Sat 00:00
suitekinomi200803.jpg





「かさぶたくんは きみのそばに 居るよ」




ぼくが きみを 守ってあげる
怪我をしたら ばい菌から
いじわる いじめ 心の傷も
ぼくが きみを 包(くる)んであげる
優しく 傍に 居てあげる


ちょっと 見た目は 悪いけど
気にしないで 二枚目半でも
きみが 大好き  その点だけは 
超が1000個も つくほど 二枚目だから
片目を つぶって 見て欲しい


転んで 泣いて 笑われて
走って 逃げても 傷ついたまま
小さいよ って 油断したら ダメだって
見えるところも 見えないところも
ちゃんと ぼくが 守ってあげる




暑くったって 剥がしちゃ だめだよ
無理やり 剥がすと ぼくの涙が流れるよ
せっかく きみを 守っているんだ
朝も 昼も 寝るときも 
ずっと 一緒 かさぶただから


片目で ウインク ありがとう
ぼくを 汚いなんて 言わずにさ
ぼくは きみを 守れて幸せ
少しの 間 友だちだった
でもね もうすぐ お別れだ


きみが げんきに なったなら
ぼくは きみから 離れるよ
泣いてる ひとが 呼んでいる
こんな サヨナラ 悲しくないよ 
きみが 元気になった 証拠だから




ごめんね ちょっぴり 泣き虫で
時々 ぼくを 想い出して
かさぶた くんは 元気かな?
どこかの 誰かを 治してるって
涙 流さず ぼくを送って


でもね 約束 していくよ
きみが 怪我や 困ったときは
ぼくは 飛んで 逢いに来る
だって 大好き きみだから
また 片目で ウインクしてね


もしも 喜びすぎて ぼくが転んで
怪我して かさぶた 必要だったら
そのとき きみが ぼくを守って
片目の ウインク それでいい
ぼくは きみから 離れない




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


BUMP OF CHICKEN かさぶたぶたぶ

2019/02/01
この詩は2008/04/07に投稿した過去詩です。

BUMP OF CHICKEN の、とても好きな曲です。
ニコニコ動画にあったので、ブログで聴いてもらおうと思ったのですが・・。
何度設置しようとしても、ブログ内に表示することが出来ません。

BUMP OF CHICKEN かさぶたぶたぶ
を、押すと曲が聴けます。
曲を聴くためにはニコニコ動画まで、移動して貰うことになります。
ご迷惑をおかけしますが、どうぞ宜しくお願い致します。

あれから10年余りの月日が経ちました。
昔の詩を自分で読み返すと、その当時が懐く思い出されます。
まさか10年余り後に、
娘が結婚し孫に恵まれ、私が爺になるとは思いもつかなかったことです。雫。。

この作品で使用している写真は
フリー写真ブログもってって!」 Katsumiさまからお借りしています。
別窓 | 優心詩 | top↑
優心詩「小さな 幸せの音 聞こえる」
2019-01-26 Sat 00:00
1201700101.jpg





「小さな 幸せの音 聞こえる」




カンコン お山で 樹を切って とうさん お家で 蒔にした

トントン まな板 菜を切って かあさん お家で 汁にした

タントン 痛そな そぶりした じっちゃん お肩を 叩くげな



コンコン 家のお庭で 鶏の ばっちゃん 卵を割ったげな

ドンドン 蒔に 火を点け ぼくは お米を 炊いたげな

カチカチ みんな 卓につき 一緒に 揃って 箸の音鳴らす



ポンポコ お山の たぬきさん うらやましそうに 腹敲(たた)く

パンパン みんな一緒に ご飯だね 今日も 感謝の 手を叩く

パチパチ 何事も無かった 幸せを 明日も 願って 手を合わす・・  




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。






追記
良いことが何も無かったと嘆くことより、
良くないことが何も無かったのだと、
当り前の日常に「ありがとう」の気持を込めて・・。 

金子みすゞ さんの詩を、久しぶりに読みました。
生きておられた大正時代。何もかもが不便だった。
まだまだ昭和初期はこんな感じで、
みんな慎ましやかに生きてきたのかなぁ・・と。
何も無かった時代、でも、この時代にはあった家族の絆を書きたくなりました・。

便利になった現在。
でも、その代わりに失ったものが多すぎるような・・。 雫

追記2019/01/16
2008/04/12日に、投稿した過去詩です。

この写真を見て、食卓を囲む家族が見えた気がしました。
当り前の日常、その家族みんなが揃う事の幸せを書ければと。
詩を投稿した当時は、曲がありませんでした。

今回、当然無いとは思いながらも・・
YouTubeで、「小さな 幸せの音 聞こえる」歌 で検索。
するとこの曲が一番最初に、聴くと凄く良い曲、歌詞もとても良くて。
あまりにいい曲過ぎて、少し迷いましたが、詩を助けてもらうことに。雫。。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまから
お借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

別窓 | 優心詩 | top↑
優心詩「きみは ひとりじゃないよ」
2018-07-25 Wed 00:00

ha_083.jpg






「きみは ひとりじゃないよ」




きみは ひとりじゃないよ

きっと

誰かのために 生まれてきたのだから




きっと きみが 困った人や 悲しんでいる人に

きみにしか 言えない言葉で 助けたり 励ましたり

勇気を与えたり 希望をあたえたこと あったはずだよ




きみにしか できないこと きっと しているはずなんだよ

だから 心配なんか しなくていいよ

だから もっと 胸張って いいんだよ




きみは

気づかないだけなんだ 

なにもできない なんて そんなこと ないんだよ




誰かの 一言で 

きみが 救われたことが あるように

きみの 一言で 救っているんだよ





でもね

悲しくて たまらないときは 

泣いたらいいんだよ



掌に いっぱい ナミダが流れたら

自分に 言ってあげたら いいんだ

こんなに がまん していたんだね って



ナミダは 

きみに ありがとう って 言うよ



そして 

困らせて ごめんね って 消えていくんだ




だから 泣きたいときは 泣き虫になって いいんだよ




気が付いたら きみのそばに 誰か居るよ

気が付いたら 誰かの傍に きみが居るよ




助け合い 励まし合い 生きて行く人が きっと いるんだよ




それを 一番知っているのは 

きみ だから・・




人は とっても 淋しがりやだ って こと 

知ってるはず・・





きみはひとりじゃないよ

きっと

誰かのために 生まれてきたのだから・・




そして

きみのために 生まれてきた人が

必ず いるからね・・




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


2018/07/24追記
この詩は2009/01/19に投稿した過去詩です。

実は、別の詩を予約投稿済みで、次週の事を考えて詩を再度見直していました。
そして、この詩を読んで、こちらの方が良いと、急遽変更することにしました。

不思議です、今まで何度も読みかえしていたのに、順番的には最後の方だったのに。
きっと、こちらの方が、優しい詩だと、感じたからだと思います。
詩、一文字だけ追加しました、希望詩から優心詩に変更しました。雫。。

追記
迷いに迷って、載せる事にしました。
また没にしようかと、思っていたので。きっといつか手直しすると思います。

この詩はたまたま、他の曲を探していて、「しあわせの予感」を発見。
とてもいい曲で、いい詞だったので、何度も聴いて出来た詩です。雫。。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「フリー素材屋Hoshino」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。


別窓 | 優心詩 | top↑
| 雫にサヨナラ | NEXT
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3