FC2ブログ
悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
悲恋詩「私の夏花火」
2018-08-29 Wed 00:00
2431980.jpg





「私の夏花火」




見上げる花火 きみは 今は 誰と見ているのかな

ここにいるよ そう言っても 悲しみ 増えるだけ

涙でかすんで もう 見えないよ 元気かな 

なんて 馬鹿なんだろう 伝えたかった 好きですと






出逢った時が 夏 サヨナラ したのも 夏

線香花火 光る横顔 恋しちゃった 横に黙って

芝生に座り 見上げる花火 でもね 見ていたのは いつも 横顔だった

屋台 ふいに 手を取られ 並んで歩いた 嬉しくて 足がもつれた






触れる肩 熱い素肌 何処をどう歩いたか 覚えてないよ

指先に 焼きもち焼くぐらい きみで 一杯だった 

見つめられたら 横向いて 知らんぷり 嬉し過ぎて 恥かし過ぎて

どうして いつも 素直に なれないのかな 

小さな時も 今も同じ 未来も そうかな






あの日 あの時 短い夏は 追いかけても 逃げて行った 

そんな私 勘違いされた きっと 素直じゃないから 見つめないから

自分が嫌い 素直じゃない 見つめられない 好き過ぎると こうなるの

浴衣着て 横に居るだけで 嬉しかった 子供だったの きっとそう

そんな私 怖がりで 飛び込む 勇気がなくて 





傍に居るだけで いいなんて 思ってたから こうなったのかな

居なくなって 胸にぽっかり 色んなことが あったけど

夜空だけが 知っているかな 私の気持ち 戻れない夏の日

最期の花火 上がった 消えて行くね 私の夏花火





作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




2018/09/04追記 13:27
大阪在住です。
今、台風が近付いています。
まだ四国?13:27ぐらいなのに、相当風が強いです。

電灯が時々、パカっと、消えそう?になります。停電の可能性があります。
今までの台風とはやはり違うようです。

その他の原因でも、訪問できない場合もあり、
先にお知らせしておきます。雫。。


2018/08/22追記
昨日詩をほとんど描き上げて、でも気に入らない。
歌詞みたい?最後の一行がまだ、途中も削らないと、とか。

それが嘘みたいに、今日出来てしまった、やっと更新できる、嬉しくて。
もしできないと、また来年の夏まで更新できない、それが一番心配だったから。

動画を最初に見つけ、何度も聴いて書いたのがこの詩。
だから、動画探しをしなくて良かった。
写真も探して、良いものが三枚、迷ってこれが一番可愛いと、決めました。
新規の作品で更新できること、
来年の夏までまた悩まなくて良いことなど、いい日になりました。雫。。

訃報、さくらももこ さん
悲しいですね。
今年は、俳優さん、スポーツ界の方々も、
大好きだった方が亡くなっていかれました。
そして、今回の死、まさかの思いで、訃報を知りました。

偶然、最近Youtubeで、「ちびまるこちゃん」のアニメを、
何作か見ていて、懐かしくて可笑しくて。

また明日から、アニメを見ると思います。
ただ、今度からは泣きながらかもしれません。

私たち家族揃って、見ていたアニメでした、
いつも温かな、笑いと笑顔を頂きました、ありがとうございました。
ご冥福を祈りたいと思います。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
別窓 | 悲恋詩 | top↑
悲恋詩「聞かせて 君の声を」
2010-02-27 Sat 01:08

7847369.jpg



「聞かせて 君の声を」



ねぇ ねぇ 聞いてくれる?

いつものように 君は現れる
寝ぼけまなこの 僕を揺り起こして

ほんとに ねぼすけさんなんだから・・と
いつものように ふくれっ面

ちいさな えくぼ ほっぺに つくった 





ねぇ ねぇ 聞いてくれる?

雨ふって 靴下濡れたんだよ
甘えて 僕をゆすって でも知らん顔すると

ほんとに ねぼすけさんなんだから・・と
いつものように ふくれっ面

きょうは 薄いピンクの 口紅 みえた





ねぇ ねぇ 聞いてくれる?

いつもの土曜日 君が来る日楽しみの日
いつまでも続くと 思ってた

ほんとに ねぼすけさんなんだから・・と
泣き顔 ひとつ 残して消えた

泣かせた僕が いまは 泣いてる





ねぇ ねぇ 聞いてくれる?

君の声 聞こえたはず でも君はいない
小さな手で 揺り起こされたはずなのに

ほんとに ねぼすけさんなんだから・・と
耳元で ささやいて キスで起こして

知らんぷり もう しないから・・





ねぇ ねぇ 聞いてくれる?

もういちど 聞かせて 君の声を
甘えん坊の君に 僕が甘えたかったんだ・・

謝るよ 僕が悪かった
だから だから もういちど 起こして・・

ほんとに ねぼすけさんなんだから・・と




作品を最後まで読んでくれて、ありがとうございます。


追記 01:05
昨夜は土砂降りの雨の中の帰宅。

靴まで滲みこんだ雨が靴下までずぶ濡れにして、ちょっぴりブルー。
でも、今日土曜日は久しぶりのお休みで、自宅でのんびり出来るのが嬉しくて。

でも
こんなときも、きっと朝早く目を覚まして、苦笑いをしてしまいそうな予感がします。
こんな日に、ねぇ ねぇ って 誰かが尋ねてきたら・・って 妄想の世界に浸っています。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材「写真素材 [フォトライブラリー]」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

別窓 | 悲恋詩 | top↑
悲恋詩「寝癖」
2009-03-20 Fri 00:00
e44f4e746_20090319225926.jpg




「寝癖」




ねぇ きみの 寝癖の髪 今は誰が直しているの?

恥ずかしいから 直してくれよ って 照れ笑い

もう って 言ったけれど 嬉しかったんだよ

まるで弟みたいな きみ 素直に されるままに 嬉しそうな顔

大好き だったんだよ






寝癖 直らないよ って はにかむ顔 胸がキュンと

甘えん坊の 弟みたい 背が高いから しゃがんで 一緒ぐらい

一生懸命 直しているのに 見詰めるから 顔 赤くなって

出来たよ って 言ったら すぐに 頭くしゃくしゃにして もう一度 なんて

想い出すたびに 泣いちゃうよ






他の人の 髪を 見る癖ついたのは きみのせい

すこし 癖っ毛 雨降ったら クルンって 子猫みたいに 踊ってた

柔らかな髪 触るたび 突然 抱きしめられたら って 願ってたのに

臆病なきみ 私の心 淋しくさせて そのままにして 行ってしまった

雨降る日は ナミダが 止まらないよ






もう一度 寝癖 直させて欲しいの 髪の香りこの胸に

指に絡めた 悲しみを そっと 忘れるために

綺麗に直して 私が一番上手だって 永遠の想い出にしたいから

そして 笑顔でサヨナラ言うから わがまま もう言わないから

でも 寝癖の写真 何も答えない・・





作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。





追記
一つ前の作品に使ったPV。その中のワンシーンに「寝癖?癖っ毛?」が。
little by littleの「Pray」 03:27秒ぐらい・・に、映っていた。気になって、憶えていて。
悲しい時に、こんなちっぽけな事が、とても大切なんじゃないかな?と、思えて。雫。 。

この作品で使用している写真は「Celestial Tier」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫 。
別窓 | 悲恋詩 | top↑
悲恋詩「ピエロの素顔」
2009-01-24 Sat 01:01

himeturusoba03_convert_20090123235538.jpg




「ピエロの素顔」




知ってるかい ピエロの素顔
サーカス 道化の 天才で
ドジで マヌケな 仕草して
みんなを 笑わせ 楽しませ
仮面の 下には ナミダの素顔


笑わせ 上手な 少年が
ピエロに なった その訳は
笑顔の 消えた 女の子
一人 ぼっちが 気になって
笑わせたのが 始まりなんだ





いつも 泣いてる 女の子
ほっとけなくて 傍にいき
ドジで マヌケな 仕草して
生まれて 初めて 笑わせた
よかったな って 思ったよ


生まれて はじめて 心から
笑わせてくれて ありがとう
恥ずかしがりやの 男の子
ひとりの 少女に 恋をした
きみを 一生 笑顔のままで





生まれて 初めて 笑ったよ
こんなに 幸せ もらっていいの
笑った 顔に また涙 
ごめんね 泣かせて 笑わせて
ピエロは 仮面で ナミダかくした


玉乗り ジャグラー 綱渡り
はらはら させて 笑わせて
みんなを いっぱい 楽しませ
サーカス 小屋は 満員だ
きみも 笑った 観客席の隅っこで






でもね でもね しあわせなんて
続かないんだ きっと きっと
ダイスキ あの子が 血を吐いた
知って いたんだ 自分の命
永くはないと 分かってたんだ


ダイスキ あの子が 死んだんだ
死ぬ前 あの子が 言ったんだ
笑わせてくれて ありがとう
あなたに 逢えて よかったと
笑顔で 言うから わんわん泣いた





きみが 死んだら ピエロはやめる
ふるえる声で きみは言った
だめよ わたしにくれた 希望をあげて
笑わせて あげて あなたならできる
あなたしか できない ピエロになって

笑わせ 上手が 楽屋で泣いた
ピエロの 化粧が できないよ
ふるえる 指先 こぶしをつくった
泣き顔 映す 鏡を割った
掌 紅色 にじんだよ





でもね 約束 したんだよ
ダイスキ あの子が 言ったよに
笑えない人 きっと 理由が
だから 心を救って 希望をあげて
わたしを 愛して くれたように


だから みんなに 笑顔あげるよ
あの子が 笑って くれたよに
観客席の 隅っこで
きっと あの子も 笑ってる
きっと あの子が 見てるから




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




追記
この詩 最後の五行を 入れるか 外すか 迷いました。
でも ピエロを見ていると いつも悲しく思えてしまうんです。 それは 私だけなんだろうかと・・
だから 
いつも笑わせてくれるような 笑顔の素敵な人ほど こんな悲しい過去があるような気がして・・
だから やっぱり最後の五行を入れる事にしました。

この曲が大好きです。
最初聞いた時衝撃を受けた なんて悲しい歌があるんだと・・
大好きな花 菜の花が歌詞に入っているからもあるのかもしれない。
そして 今でも なんだか心が淋しいとき ときどき聴いています 
以前書いた もしも私が死んだら その時にかけて欲しい曲の 3曲のうちの1曲なんです。

それと、番外ですが・・この詩でお知らせを含みますが、200回投稿になりました。
皆さんの応援のおかげですね、こんなに長く続けられるとは思わなかったから。
本当にありがとうございます、また これからもどうぞよろしくお願いします。雫。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「フォトココ」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。 雫


別窓 | 悲恋詩 | top↑
悲恋詩「刹那」
2008-07-21 Mon 20:58

a789ea1002.jpg



「刹那」



夜の帳(とばり) 下りるころ

蝶のように 舞う ひとりの 女(ひと)

夕 闇 

窓に 映るのは 月と泪雨




白いシーツ 黒髪 

消せるのは 過去でもなく 今でもなく 末来だけ

乾 杯 

ワインの杯を 飲み干す 赤い紅 




背中 爪痕 

愛 心熱過ぎて 触れるたびに 火傷している

蛍 灯

燈す この夜 は この世 限り




一夜 限り

出逢い 別れ 名前も 聞けず 知らず 告げず

指 先 

触れ 離れ 残り香 舞い散る 





作品を最後まで読んでくれて、ありがとうございます。






同じく 玉置浩二さん 
あるテレビの音楽番組を偶然見て、この曲が大好きに。
カラオケで時々歌う曲で、好きなので入れました。
お休みしている時、久しぶりにカラオケに行きたいですね。歌います、声枯れるまでww

この作品で使用している写真は「Celestial Tier」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫
           
7月10日お知らせの下段にこの詩を掲載していました、
お休みするためにコメント等受付無しにしていましたので、本日こちらに移しました。


別窓 | 悲恋詩 | top↑
| 雫にサヨナラ | NEXT
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3