FC2ブログ
悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
女心詩「愛されたこと・・」
2018-09-26 Wed 00:00

Photo by (c)Tomo.Yun
yun_656_convert_20090430164807_20090510204703.jpg





「愛されたこと・・」




ねぇ 

今日はね 一番の友だちだって言ってた 覚えてるでしょ? 小学校からの

会って来たんだ お喋りしてきたんだよ あのお店で

それで

気がついたら スパゲィティ 注文していたんだ ・・





あなたのダイスキだった





困らせて ごめんね 

こんなこと あなたには もう ・・ 遠い世界のことなのにね

帰り お酒ものんで ちょっと 不良になったよ



怒っても 叱っても くれないんだね・・もう・・







ねぇ

このあいだね 山にドライブ 行ったんだよ 覚えてるでしょ 一緒に行った

今夜は ひとりでね 星 綺麗だったよ

それで

気がついたら 流れ星に 見られたんだ・・





流れるナミダ・・ 





帰り道 

今までは あなたの 横顔見てたのに  今夜は街の灯りが 優しすぎて

車 停めたんだ もう 前が見えなかったから・・




ばかだよね こんなこと 話したいなんて






ねぇ 

いつも待ち合わせ あの喫茶店 今月でお店閉めちゃうんだって マスター 病気でね

いつも ニコニコして 迎えてくれた 美味しい紅茶 もう飲めないね 

それで

いつも 座っていた この席

二人の席 予約席にして このままにしてくれる って 優しすぎて・・




泣いちゃったよ





マスター 細くなっちゃったよ 

あなたに似たんだよ って 言うから・・ 

想い出して・・

淋しくて ポロポロ



泣きたいだけ 泣きなさい って 

言ってくれた

淋しくて悲しくて ぽろぽろ





外に出たら お店 CLOSE 看板 かけてくれていたんだ・・





ねぇ

淋しいなんて 言わないよ 元気だから 心配しないで

ただ どうしているかな って 声 聞きたくなった だけだから・・

ただ それだけだよ ほかになんて 何も無いよ

強くなったんだから 

ほら 夜道もひとりで 歩けるように なったよ




駅までの 帰り道 手を繫いで 

一緒に見た 星 今夜も輝いて 見つめてくれている

優しくて 煌いて 黙って聞いてくれるの わたしの ひとり言を・・





ねぇ

もう 届かない って わかっているけれど

ひとり言 それぐらい いいでしょ

もう 真っ直ぐ 歩いていくよ

だって 星が 優しく 見守ってくれて いるから





ねぇ

夜空の星さんたち

わたしの ひとり言 聞いてくれて ありがとう

夜が明けたら  もう泣かないから 

だから 今夜だけは 泣かせて




明日からは もっと 強くなった わたしを見て

いっぱい おしゃべり もう 夜があけるね

こんなにも 傍にいてくれて ありがとう




でも

もう泣かないなんて 嘘だったら ごめんね

そのときは もう一度 泣き顔 笑わないで 聞いてね

もう 夜が空けるね

あのひとが あなたたちぐらい 優しかったら よかったのに・・






ありがとう 大丈夫だよ もう 何とも無いよ 

だから わたしも あなたへの思い 

CLOSE に するね







それが 

あなたが わたしを愛してくれた 愛の証の

最後の返事だから・・






だから もう 大丈夫だよ

これからも 生きていけるよ

あなたの 想い出 大切にするね いつまでも・・






あなたに 


愛されたこと・・ 


それが わたしの 大切な 真実 だから・・







作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。







2018/06/30追記14:50
大阪在住です。
本日、台風24号により、停電などの災害も考えらますので、
早めに訪問予定です。
皆さまにも、台風の被害がないよう、心より祈っています

2018/09/28追記 20;50
本日夕方、知人から連絡があり、
長い間お世話になった方が、明日店を閉めると連絡がありました。

慌ててお店に行き、長い間のお付き合いを感謝し、飲んで帰ったところです。
半分、酔っぱらっています、申し訳ありません。
その為、本日は、コメントが書けずに、ポチ逃げになると思います。
申し訳ありませんが、宜しくお願いしたします。

明日早い時間から、みな様のブログを訪問したいとおもいます。
尚、明日は、夕方から?深夜まで、今まで30年以上のお付き合いのお店に
行って、昔話をしたいと思います。
なので、新しく来られた方のブログには、訪問できないブログがあるかも知れません、
お詫び申し上げます。雫。。

追記 2018/09/24
この詩は2008/05/02に更新した過去詩です。
この曲が大好きで、同じように、何度も聴いて書いた詩です。

腰痛の件でご心配をおかけしました、誠にに申し訳ございません。
また 色々とアドバイスありがとうございました。
病院等の報告です。
自分でも期待していた整形外科等のマッサージですが、
脳梗塞の薬を飲んでいるので、
その強さにもよるのですが、内出血をしてしまう可能性が高いので、
しない方が良いだろうと言われました。
更に、期待していたコルセットは、全く効果がなく、正直がっかりでした。
また、器具等による腰の改善方法は、効果が薄い気がしています。
ネットで見つけた腰痛改善の体操等、
自宅で色々試したいと思います、いつか良い報告が出来ればと思います。
いつもご心配頂き、心より感謝いたします。雫。。

追記
この詩を一番最初に書いたのは、4月末頃。
この曲を何度も聴いて。まとまらなくて、でも、やっと書けました。
忙しくて、時間が無くて、本当に更新が遅くてすいません。
それでも訪問、応援してくれている、みなさまには本当に感謝です。。

今日は疲れていたんだな、って 実感。
朝目が覚めて、家の用事を。お昼前に少しだけ寝ようと・・気づいたらもう夜7時前・・。
ぐっすり寝てしまいました。睡眠不足、完全解消ですねww

だから、今からみなさまの所へ訪問します。
コメントのお返事は、遅くなって申し訳ありませんが、その後にさせてもらいます。
たくさんのコメントありがとうございます。こんなのんびりさんですが、よろしく。雫。。


この作品で使用している写真はフリー画像素材「ゆんフリー写真素材集」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問しくださいね。

関連記事
別窓 | 女心詩 | top↑
希望詩「未来のきみへ」
2018-09-19 Wed 00:00
8644143_2018091813212835c.jpg





「未来のきみへ」




きみは 生まれただけで みんなを いっぱい 励ましているんだよ

すこしずつ 成長する姿 笑ったり 泣いたり 見せるだけで みんなを 幸せに してるんだ

だから 未来のきみが 自分は 何もしていない なにもできていない なんて 大間違いなんだよ




何のために 生まれてきたのか 何よりも好きなこと 発見するため

簡単じゃない 直ぐに見つからないから 夢って言うんだ 

何度も眠ったら きっと見つかるよ その時本当に 目を覚ましたらいいんだよ





失敗なんか 恐れないで いいんだよ 大人になった おとうさんや おかあさんも 

みんな 子供の時には 失敗ばかり 恥ずかしい思いを したから 今があるんだよ

だから 同じことを した人を見たら  優しく 励ますことできるんだよ きみを いつも 見守っているように




笑わないよ 心配しないで もしもなんて 考えないで チャレンジしないと いけないよ

今日よりも明日 明日の先には 未来が 大きな翼ひろげてごらん きみは飛べるんだよ

雨の日も 晴れの日も それぞれ 空が役目をはたしているんだ みんなを成長させるためにね




真っ直ぐに見つめたらいいんだ 自分を信じて 

友を信じて 家族を助けて 未来を信じる きみとなるために

ちっぽけな自分 でも それがいいんだよ もっと成長するためには ちっぽけだから 大きくなれるんだ




だから 今日の失敗を 恥ずかしがらないで みんな誰でもしてること きみは正直 だから 素敵なんだよ

良かったね また 少し優しくなれたね 同じ気持ちになって 声をかけてあげられる 友達がまたひとりできたね

生きていくって こんなことなんだよ 一人ぽっちはつまらない 未来を創るためにも 友達が必要だ





最後の最後 自分の一番の友達は 自分だよ  

信じてあげないと ほかには誰もいない時 負けちゃうよ

きみの未来を 創るために 自分という一番の友達と 励まし生きていけばいい 




きみの未来は きみの手のひらに 包まれているよ

がんばれ 信じているよ

未来のきみへ





作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。





2018/09/18
今日一気に書き上げた詩です、動画が気に入って、何度もも聴いて。

以前書いた希望詩「夢に向かって走れ」とそっくりです、
違うのは、動画でも、物語と、曲の違いだけですね、同じなのは感動です。
いいな、と思って、何度も見て、聴いて。
だだっと書きあげて、
消えたらいけないので、さっそくブログに残して、無くならないようにして。
それから何度も書き直して、消しては追加して、文字を直して、変えたりして。

予定していたものがあったのですが、またいつか?
投稿前に同じように、予定変更が多くて、ブログの中に、詩がいっぱい積み重なったままに。

写真は、もう2012年からお気に入りで、ピクチャに保管したままで、やっと日の目を。
写真も喜んでいると思います。

逆に曲は、昨日の夜見つけ、今まで何十回も聴いて、詩を書きました。
でも、まさかの展開が、ブログ上では見れなくなっていました。

その為、いい曲なので、どうか投稿されていつ所まで、行ってフルで聞いてもらえたらと、
ブログの二段目に、そのまま置きました。

最初の動画は、短いCM用、いい曲なので、すこしだけでもブログ上で、聞いて欲しくてここに。
気に入ったら、
▷を押してもらった後、動画二番目の右下のYoutubeを押してもらえれば、Youtubeに飛び、フルで楽曲が聴けます。


ご報告が遅くなりましたが・・
孫も、5ヶ月になって、検診も問題なし。
3週間ほどの早産だったのですが、小さく生まれて、今は大きく育っています。
初めての離乳食を、動画で娘が送ってくれました。
孫が大きくなるという事は、自分が良い意味で小さくなることだと感じました。

後、まだ先の予定ですが、娘が免許を取ると。
育児のこともあるので、大阪で。
ご主人が一人で、広島と大阪の往復の運転大変だから、途中交代するためと、
私が腰痛で、広島まで行けないので、迎えてに来るためだと、言ってくれました。
ありがたいことです。

尚、腰痛は、自分でも相当悪くなってきていると感じています。
歩いてわず10分の近くの駅も自信がなく、遠方の娘たちの家は到底無理です。
買い物に行っても、2㍑のペットボトルが腰に負担になり、買うのを控えるように。
なので、どこへ行くのも自転車が頼りです。

このままでは、将来の為にもいけないので・・
腰痛を治すため、今まで以上に、改善に時間をかけたいと思います。
その為、今まで以上にポチ逃げが多くなると思います。

喀血や脳梗塞で入院と、自分でも情けない思いが一杯です。
ただ病気の再発の心配以上に、今は腰痛が悩みの種になっています。
何かとご迷惑をおかけしますが、どうぞ宜しくお願い致します。雫。。


この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね

関連記事
別窓 | 希望詩 | top↑
猫恋詩「見えない布団」
2018-09-12 Wed 00:00

PICT0020_convert_20080516111124.jpg





「見えない布団」




ある夜 運命 出会いの時は 

小さな 箱に ひとり ポツン

寒空 みぃ と 鳴いていた  雨に うたれて 泣いていた

震える体 凍えた心 ぼくが 守ると 決めた夜

一粒 涙を 見せたよね 

ありがとう って 零れ落ちた





今では 元気に 飛び撥ね遊ぶ 

ティッシュは ビリビリ 部屋撒き散らし

書類を持ち去り 秘密部屋 隠して 困らせ 泥棒ごっこ 

悪い奴だと 刑事になって 追い掛け回して さぁ 捉まえた

嬉しそうに 胸の中  

逮捕 されるの 好きみたい





静か過ぎて 心配だから 捜して見ると 部屋の隅

まぁるくなって 自分の 腕で 腕枕

覗きこんで 顔見たら 

寝顔が ありがと 言っている 

こっちも ありがと 言ってみた

ちいさな 命 同じだね ぼくも生きてる 助け合ってる





遊び疲れて ぐっすり眠る 静かな寝息が 聞こえるね

見えない 布団を かけたげる 特別 特製 きみ専用

上等 羽毛じゃ ないけれど 温かさは 折り紙 つきだよ

ぐっすり おやすみ いつまでも ここに いたら いいからね

いついつまでも 守ってあげる 

見えない 布団を かけたげる



作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。






2018/09/10追記
この詩は2008/12/20に投稿した過去詩です。

地震、台風、豪雨と、日本各地、
自然災害にみまわれ、悲しい思いが続きました。

悲しい時には、どうしても悲しい詩しか、書けません。
困ってしまい、過去の詩を捜して、この詩に助けてもらおうと思いました。

皆さまの心が、少しでも優しく明るくなることが出来れば、幸いです。。雫。。

追記
別の詩を書いていて
大体出来たので、写真を捜していて、この写真を見つけ・・
全く違う詩を書いてしまいました。ww
ジブリ作品、本当に好きなものばかりです。
でも、特別に一番と言えば、「魔女の宅急便」ですね。雫。

一番好きなジブリ作品は、
過去2008年にこの詩を書いた、後に生まれた作品「千と千尋の神隠し」です。
健気な千尋ちゃんが子供にもかかわらず、一生懸命自分の運命を受けとめ、
負けずに、諦めずにたちむかう姿、可愛らしさに心を打たれます。
この作品が、2018年現在では、一番好きです。雫。。

いつも訪問・応援v(*^ー^*) ありがとぅございます♪
時間があまりなく、更新もまばらなので、過去詩をお休みの時にブログに戻して居ます。
現在88詩ほどです(今まで公開していた過去詩は、全170詩ぐらいです)
自分の軌跡です。時間がある時は、そちらもぜひ読んでコメント頂けたらとても嬉しいです。

この作品で使用している写真は無料写真素材「ハルと音と絵」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫


関連記事
別窓 | 猫恋詩 | top↑
心痛詩「レクイエムを奏でたい」
2018-09-05 Wed 00:00

PICT00101_convert_20080523060158.jpg 





「レクイエムを奏でたい」




ぼくは 奏でる

昔の 音色は もう出ないけれど

きみが このいすに座って

ぼくの 鍵盤に指を添えてくれたら

命の限り 

その期待に応えるよ




日の光浴びて 

黄色く染まって しまったけれど

長い年月 積み重ねられた埃が 

ぼくを覆いつくそうとしても

数十年前 

昔のままの ぼくを聴かせてあげるよ




ぼくは 今も

忘れてなんか いないよ

そのドアを開けて 子供達が歓声をあげてきた

奪い取るように その順番を待っていた

その昔の想い出を

懐かしむ それだけが とても悲しいんだよ




誰か ぼくの 

願いを 聞いてくれないかい?

指を添えて そして 命じて欲しい

月光や 愛のテーマを 奏でろと

廃校になった 学校に 

ぼくの音色を 聴かせてあげたいんだ・・




古びて 捨てられたけれど

昔のままの 音色が奏でられる

教室や 黒板たちに 演奏したいんだ

同じように 忘れ去られた みんなに

レクイエムを 聴かせてあげたい

その願いを叶えてから ぼくは 深い眠りにつきたいんだ・・



作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。






2018/08/31追記
この詩は、2009/01/04に投稿した過去詩です。

今回動画を変更しました。
動画を色々今回も探しました、検索で、子供演奏、月光、レクイエム、路上演奏、等々、
良い物がたくさん見つかったのですが、どれもが一つ多かったり、少なかったりで、
また検索続行、
最後に「捨てられたピアノ」で、ヒットしたのが、この動画でした。
2018年の現在に、
自分の詩と全く同じ設定の動画が、見つかるとは思いもしませんでした。

演奏されたのは、中村天平さん、
申し訳ありませんが、今日まで知りませんでした。
廃校のピアノ。
埃に塗れた鍵盤を、拭いている時に出た音が
「見つけてくれて ありがとう」と、私には、そう聞こえました。

ピアノは、もう二度と触れてもらうことがないと思っていた鍵盤に、
指を添えてもらい音を奏でた。
願いを叶えた瞬間でした。
ピアノは生涯で一番の喜びだったのではないでしょうか。
演奏が始り・・
今、出せる精一杯の音を聴き、ピアノが嬉し泣きしていると感じました。雫。。

2018/09/04追記
台風21号、本当に怖かったです。
大阪に住んでいますが、こんな強烈な風、家が揺れたのは、生まれて初めてでした。
それも何度何度も、軋みを立てていました。

余りに怖くなって、階下へ、逃げる場所も無く、ただ台風が通り過ぎるのを待つしかありません。
何度も停電になりそうになり、今が夜でなくて良かったと。
停電になっても、昼、目の自由がきくというのは、ありがたいと思いました。

風が収まって外に出たら、どこかの家の瓦が何枚も飛んできていて、割れていました。
もしも、サッシ窓に当たっていたらと思うと、ぞっとしました。

風も雨も、吹き曝しになってしまうし、ガラス片が危なくて、そばに寄れない。
さらに、直接身体に当たっていたかも?と思うと、本当に運が良かった。

もし同じような台風が来ると分かったら、避難を第一に考えたいと思いました。
市内にあるビジネスホテルに、自主避難したいと。
理由は、腰痛でみんなと同じところへ行っても、迷惑をかけそうで、それも嫌なので。

今回のことで、生死は紙一重だと、本当によくわかりました。
将来、台風、豪雨、危険だと感じたら、前日に避難することをお勧めします。雫。。

追記
昨日の昼、ハルさんのブログに行って、猫の写真を再度捜しに。
すると、このピアノの写真が目に止まった。以前、見逃していた?
気になって、写真を見ていたら、悲しそうな顔が、そして音色が聴こえてきた。

忘れられた存在。
こういうものたちもいるし、そういうひとたちもいる・・
詩を書く動機、その理由を、また見つけて、悲しいけれど、このピアノの為にも。 雫。

この作品で使用している写真は無料写真素材「ハルと音と絵」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫


関連記事
別窓 | 心痛詩 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3