FC2ブログ
悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
優心詩「小さな 幸せの音 聞こえる」
2019-01-26 Sat 00:00
1201700101.jpg





「小さな 幸せの音 聞こえる」




カンコン お山で 樹を切って とうさん お家で 蒔にした

トントン まな板 菜を切って かあさん お家で 汁にした

タントン 痛そな そぶりした じっちゃん お肩を 叩くげな



コンコン 家のお庭で 鶏の ばっちゃん 卵を割ったげな

ドンドン 蒔に 火を点け ぼくは お米を 炊いたげな

カチカチ みんな 卓につき 一緒に 揃って 箸の音鳴らす



ポンポコ お山の たぬきさん うらやましそうに 腹敲(たた)く

パンパン みんな一緒に ご飯だね 今日も 感謝の 手を叩く

パチパチ 何事も無かった 幸せを 明日も 願って 手を合わす・・  




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。






追記
良いことが何も無かったと嘆くことより、
良くないことが何も無かったのだと、
当り前の日常に「ありがとう」の気持を込めて・・。 

金子みすゞ さんの詩を、久しぶりに読みました。
生きておられた大正時代。何もかもが不便だった。
まだまだ昭和初期はこんな感じで、
みんな慎ましやかに生きてきたのかなぁ・・と。
何も無かった時代、でも、この時代にはあった家族の絆を書きたくなりました・。

便利になった現在。
でも、その代わりに失ったものが多すぎるような・・。 雫

追記2019/01/16
2008/04/12日に、投稿した過去詩です。

この写真を見て、食卓を囲む家族が見えた気がしました。
当り前の日常、その家族みんなが揃う事の幸せを書ければと。
詩を投稿した当時は、曲がありませんでした。

今回、当然無いとは思いながらも・・
YouTubeで、「小さな 幸せの音 聞こえる」歌 で検索。
するとこの曲が一番最初に、聴くと凄く良い曲、歌詞もとても良くて。
あまりにいい曲過ぎて、少し迷いましたが、詩を助けてもらうことに。雫。。

この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまから
お借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫

関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 優心詩 | top↑
女心詩「愛は雪に埋もれても」
2019-01-19 Sat 00:00
1106434.jpg





「愛は雪に埋もれても」





離さないで 逃げ出したいほど 幸せだから

時よ止まって 鼓動も全て 闇に消して

今宵 一夜 傍に居させて

雪に埋もれる 花のように

 




明日は 見えない 淡い幻

どんな運命も 従うばかり 怖くはないの

何もかも 捨て去る 勇気を胸に

あなたのもとへ 旅立てるのなら






出会えたこと 何もかも 変えてしまった

雪の日 凍える心 炎で溶かして

身も心も 捧げ 傍に

 涙する 夜 時も忘れ







過去は 知らない 知りたくもない

 奪って 欲しい 何もかも 

命 続く その日まで

雪あかり 道を照らす 未来を信じて






作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。






2019/01/18 21:32追記
この詩は、昨年5月に書いて、投稿予定迄していて、
その直前に、別の過去詩に変更したものです。

映画のラストシーンにこの曲が出てきて、心奪われて。
写真を捜していて、凄くイメージに合ったものも見つかり。
ただ、どうしても気に入らない、詩が。

曲と写真に詩が負けている、一番困る。
何度も書き直して。何とか出来たのが、昨年5月。
その為、雪の写真の詩が、5月は・・結局、没にして、今日迄、忘れていました。

ブログ内に、投稿しない、未完成の詩を残してある、その一つです。
まだ迷っているのですが・・歌詞のような詩ですが・・投稿します。
本日は逆に、家族的な過去詩を予定投稿していたのですが、急遽変更します。雫。。

追記2018/05/13
映画の予告編を見た時、この曲が流れた。
それこそ、心を奪われ、
探し、たどり着いたのが、この曲でした。

女の愛は 真剣 命がけ 
だから愛おしくて 美しくて 悲しい 。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね

関連記事
別窓 | 女心詩 | top↑
「お知らせランキングトラブルについて」
2019-01-18 Fri 10:26
851101.jpg



「ランキングトラブルについて」



昨年に続きまた、トラブルが発生しています。
本日、バナー張替えました、また直ったようです。


ただ、皆さま一日の応援の数字が、800を超え、二日連続続くと、
何故か、トラブルが発生、数字が入らなくなります、昨年よりこの繰り返しです。


詳しいことも書きたいのですが、書いて直るのであれば書いても良いのですが・・
昨年い書いた、トラブルと同じ現象に加えて、さらにもうひとつも。
なので、詳しく書くことが出来ません、申し訳ありません。


折角、応援してもらっても、無駄になっているのをこのままにできない気持ちなので。
現在から、直るまで、この繰り返しになるのかと思っています。


本日、貼りなおしたのですが、新年の挨拶に書きましたように・・
全ての作品ではなく、最初から10作品ほどに、ランキングバナーを貼りました。
その為、悲しいのですが、張替えの時間も短く、とても楽に出来ました。


ランキングの方のお返事は、現在の現象だとのことなので、それを信じ、確かめたいと思います。
気持ちよくブログが続けられたらいいのですが、なかなかそうはいかないようです。


いつもご迷惑をおかけしますが、どうぞ宜しくお願い致します。


雫。。



この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
関連記事
別窓 | お知らせ | top↑
生命詩「花」
2019-01-12 Sat 00:00
1360270 (1)





「花」





雪の下に その姿を隠し

ある温かな日

人に

春の訪れを 教えてくれる


生きているよ ここにいるよと

人が人として 時には失いかける 

勇気と希望を

失くしてはいけないと

そっと 

教えて くれるように







花は

愛情を 求めることなく 

感謝を 乞うこともなく

その姿 精一杯に 花びらを広げる


小さく 儚げな

可憐な姿に 目を止めて

自分を 取り戻す 人もいる

花は 

その時

生まれてきた使命を 

全う できたのかも しれない





花はいつも そばにいる 

何も言わず 何も求めず  

今日も 

花は咲く

野や山に 

人の心にも

可憐な心を

小さな花びらに 託して






花を愛でる 

人も 

いつか その使命を終える
 
その時も また 花は寄り添ってくれる



冷たくなった身体を 温めてくれるように 

最後の最後まで 傍にいてくれる

共に身を焼かれ 花は その命を終える

どこまでも

花は 人に 尽くしてくれる 

物言わぬ 

生きてきた 証を残すために・・





花は咲く 

春夏秋冬

人のそばにも 野山のかたすみにも

花よ 知っているの?

人の弱さを 人の傲慢さを


時には慰め 時には労わり 

雨の日も 風の日も 

己の身も 厭わずに 微笑みをくれる

倒れても 踏まれても 折られても 

ただ 運命と 受けいれる





花はいつも そばにいる 

何も言わず 何も求めず  

今日も 

花は咲く







作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。





2019/01/11  01:46追記
ホッとしました、やっと書けました、というより、
もしかしたら、もう書けないのかもしれないと、少し不安でした。

写真はすぐに、これだと決まりました。
小さなレンゲで、一輪で中央に、と。イメージ通りでした。
曲が困りました、歌詞を読んで欲しくて、手嶌葵さん一人だと、歌詞が無くて・・。
原曲の歌詞がついてあったものに、決めようと思った時に、
手島葵さんの「The Rose」歌詞付きを見つけ、この作品に。

花を擬人化?と、
また批判のコメントが、来るのかとも思いますが、
詩は私の心のままを書いています。
どうぞ、詩の心をそのままに、受け止めて頂ければ、幸いです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。雫。。


この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね

★ 生命詩「花」の続きを読む
関連記事
別窓 | 生命詩 | top↑
新年のご挨拶
2019-01-01 Tue 00:00
4189130.jpg







新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

昨年は本当にお世話になりました、

またご心配をおかけしました。

感謝の言葉を、改めて述べさせていただきます。




さて、脳梗塞、喀血の方は問題なく日々を過ごしています。、

本当にありがたいことだと思っています。

ただ、そこまで深刻に考えていなかった腰痛が

今は最大の悩みになっています。

その為、お休みしている間も、殆どパソコンでの作業をしていません。

皆さまのブログにも訪問できず大変申し訳なく思っています。

正直、ブログを続けることが出来るのかと、

迷いながらの新年の発進となりました。

その為、続けることが出来た場合でも、

本年は、昨年よりも更新は少なくなり、訪問できてもポチ応援が主になると思います。

その点、お許しください。





後、お休み期間中、コメント欄、拍手欄、共に閉じていたのですが、開放致しました。

また、書き込みを出来る状態に戻しました。

お休み中、せっかく書いてもらっても、お返事が出来無いと思ったからです。

この点、やっと正常な状態に復活することが出来ました。





続いて、ランキングです。

昨年10月より、トラブル続きで、今年も一応載せてはみましたが・・?

どうなるのかは、全く不明です、その為、ランキングバナーもサイドに三カ所、

及び作品の最初の10カ所程に、貼ることにしました。

本来、作品の全てに貼るのが一番いいのですが・・

昨年、指先の痛みは、ランキングトラブルの度に

200近くの作品にバナーを貼り直した為だと思うからです。





ご報告が遅くなりましたが、娘が運転免許を大阪で合格しました。

後は、地元で最終的な学科試験を受けたのち、免許取得になる予定です。

孫たちとの再会は、夏以来でした、わずかな期間だと思っていたのですが・・。

孫は、大きく重くなっていて、驚きました。

まだ9ヶ月なのですが、既に1歳児ぐらいの大きさで、順調に育ってくれています。

健康であれと、ただそれだけを願っています。





最後に、ブログ開設12年目を迎えました。(開設2007年)

その間、病気・複数の仕事を掛け持ち等でブログをする時間が無く、

お休み期間が長く実質活動期間は、半分ほどだと思います。

休んだり、復活したりと、わがまま勝手な私を、

見放し見捨てることなく、声援を頂き誠に感謝の気持ちで一杯です。

その都度、また帰って来たんか?お帰りと、優しく迎えて頂きました。

世の中、辛いこともあるし、嫌な事もあるけれど、諦めたらあかん、と

その度に、背中を押して頂き、支えて頂きました、



皆さまを応援することが一番の気持で始めたブログだったのですが、

自身が支えられ、応援してもらっているとに、改めて気付かされています。

どのような感謝の気持ちも、言葉も、表せないぐらい感激させられています。

これから先、ブログを閉鎖することはありません、

ただ、体調などで、お休みすることもあろうかと思いますが、

生まれてくれた、孫にいつか読んで貰いたいとブログは残す所存です。





まとまりのない文面で、申し訳ございません。

これで新年の挨拶と、ご報告とさせていただきます。

どうか、皆さま本年も宜しくお願いたします。


雫。。




使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
関連記事
別窓 | お知らせ | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3