FC2ブログ
悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
生命詩「朽ちた橋」
2019-08-11 Sun 19:58
706850.jpg






「朽ちた橋」





待っていてくれたのかい 

いつの日か

昔のように 渡ってくれる人が 来るのを



風雨にさらされ 

形は橋として見えるけれど

渡ってはいけない

危ないよ と 

きみ自身が言っているようだね





でも 心配はいらないよ 

渡ってあげる 

渡りたいんだ

きみの今までの悲しみを 

忘れてもらうために

忘れさせるためにも





今まで ありがとう

沢山の人々が きみのおかげで 助かったんだよ

もう昔の事かも知れないけれど

子供達の歓声 人々の笑い声 話し声を覚えてるでしょう

涙流して 橋を渡った人もいて

きみは心配して いた事でしょう

でも月日が経って 人の姿も消えていき 

何時しか忘れられた 





でも きみは凄いことをしていたんだよ

誰も当たり前だと 思っていたかもしれない

ここに橋があり 日々渡ることが出来ることが

当り前だと 思ってはいけないんだね



今は

少し淋しいでしょう

でも みんな みんな 感謝していたんだよ

それは間違いないから

きみが 生まれ

沢山の人のために 生き 頑張ってくれたんだね






誰しも老いていく 

今は

弱く微かな 命の灯を灯すだけだとしても

心配しなくていいよ 

大丈夫

きみは立派に 渡してくれる 

きっと




橋として生まれ 

育った

誕生の時から

何も言わずに人々を渡した日々

幾多の人々の人生のお手伝いが 出来たんだから

すごいね

ありがとうと 言って渡った人は 居なかったのかい?







言ってあげる 

きみに伝えたいんだ

ありがとうを



今までも これからも

渡ってくれる 人を待つ きみの為に 

ありがとうと






作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。






追記 
2019/08/11 19:55
お久しぶりです。
この詩は、
「橋」で写真を検索したときから気になっていて、ブログ内に保存。
短い詩を書いて、続きが完結できずに、
それこそ、この橋のように野ざらしになっていました。
今日ブログを覗くと、何故か広告が消えていて、???。
嬉しくなって、以前のこの詩を見て、続きを書きあげることが出来ました。

曲、橋、歌で検索、あるはずがなく曲なしで?とも、思ったが、この人の曲ならと。
熊木杏里 さんを、Youtubedeで連続して聴きました。
巡り合いってあるんですね、この曲を聴いて、直感で決めていました。
そして、何度も聴きながら、詩を追加しました、これで投稿できます。

夏真っ盛り、みなさん熱中症などには本当に気を付けてくださいね。
娘と孫が帰省しています、一歳を過ぎ立ち上がり元気な姿を見て喜んでいます。

私自身の事で、皆さまにも伝えたいのですが、食事にはご注意を。
自分では粗食なので、問題がないと思っていたのですが、眼に障害が。
なので、今は野菜を主に、うどん類は止め、お米も日に少量を一食だけにしています。
それと、止血剤が問題に?だから、今はこの薬を医師に相談し止めることにしました。

つい数年前まで、全く医者も、薬も無用の生活を送っていました。
それが、まさかですね。。
だから、老いていくという 、気持がわかるようになり、
この橋の詩を、書けたのかもしれません。雫。。

追記2019/08/15 20:25
前回の追記にも書いたように、目に障害が。
その再診のために、本日病院に行く予定でした。
しかし、電話があり時間変更。

有難いですね、午後の予定を、
午前なら台風の影響も無いのではと、午前の、来院を薦めて頂きました。
医師の提案により、スタッフの方から連絡でした。
その優しい思い、l心配りに感激しました。
午後からは、雨の予定、病院の往復に、困っていた所でした。

雨も降っていない時間に、再診を済ませ、帰りも晴れていました。
心が台風前なのに、晴天となりました。

現在、大阪も雨がきつく降っています。
皆様方におかれまして、
台風による、被害が無いことを祈りつつ、ご報告をさせてもらいます。雫。。


この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね


関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 生命詩 | top↑
| 雫にサヨナラ |
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3