FC2ブログ
悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
心痛詩「ポンコツだって 心があるよ」
2018-10-10 Wed 00:00

eyes0162q.jpg





「ポンコツだって 心があるよ」




みんな 最初は 新品だった

でもね いつかは 古くなる

産まれて すぐに お仕事で  休む 間もなく お仕事で

疲れた なんて 言えなくて スイッチ ひとつで 起こされる

宝物休む 間もなく 働かされた



いつかは どこかが 悪くなる

ポンコツ だから もうだめだ そんな 声が 聞こえたら

「ありがとう」の 一言 無しに 捨てられる



一生懸命 働いて

壊れて ポイで おしまいだ

雨が降っても 野ざらしで  寒くないか なんて 誰も 言わない



でもね 

ある日 カメラを 持った 人が来た 

ぼくたちを 見て 写真を 撮った

ほんとは すごく 悔しくて

何で 撮るんだ って 怒ったよ

だから みんな 泣いたんだ 悔しくって 泣いたんだ



でもね その時 気がついた

別の 泣き声 聞こえて きたんだ

写真を撮って 泣いている その人の 心の ナミダ 聞こえたよ

ぼくらのために 泣いている 

泣きながら 撮って くれている



初めて 分かった 気づいたよ

心で 撮って くれたんだ

泣いてくれて ありがとう

分かってくれて ありがとう



出来たら もひとつ お願いが 

あるんだけれど 聞いて欲しい



綺麗な花も いいけれど 萎れた花も 撮ってあげて

道に落ちてる 落ち葉のナミダ 最後のナミダも 撮ってあげて

折れた枝 手折られて 痛いと泣いてる 泣いてる枝も 撮ってあげて

美しいだけじゃ 無いものにも 全てに心が あるように みんなの姿を 撮ってあげて




命の 最後を 撮ってあげて



そして 最後に 写真を撮ってくれて 「ありがとう」

これで 悔しく泣かなくて もう済んだから 「ありがとう」

カメラで ぼくらの最後の 願いを 撮ってくれて 「ありがとう」 ・・・




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

2018/10/09前日の追記に、さらに追記です。
にほんランキング、2日間だけ直っていたのですが、
また10/09 0:00から問題発生、ポイントが入らなくなりました。
本日連絡しています、まだ返事待ちの状態です。

10/08に開始した、人気ブログランキングは問題が無いようです。
トップに書いたのですが、見逃しもありますので、再度こちらにも。
以上再度ご報告させていただきます。
ご心配ばかりおかけします、申し訳ありません。雫。。

2018/10/08追記
この詩は、2008/07/28に投稿した、過去詩です。

今回、ランキングトラブルで皆さまに大変なご迷惑をおかけしました。
改めて、お詫び申し上げます。

実は、やっと問題が直った日、気付くと更新日が間近に。
慌てても詩は書けなくて、焦っていました。

昔書いた詩を読み直して、候補をいくつか選びましたが、
前回に書いた詩に似ていて、こまりました。

やっと、見つかっても、動画の許可を得ていない、または動画が消えている、
困った。
一つ候補を、予約投稿しましたが、ある方にこの詩を、年内に投稿しますと。

この詩があったと思い出し、再度変更、予約投稿したものです。
読み直し、数文字書き直しました。雫。。


この作品で使用している写真はフリー画像素材「EyesPic」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。 雫



この詩の、姉妹詩と言える詩が
心痛詩「うち なんで こんなとこに おるんやろ?」 です。
02/02にブログに載せました。
暗い詩ですが、たくさんのコメントをもらって感激した事を未だに覚えて居ます。
そして、この写真を撮ってくださった「EyesPic」さんにとても感謝しました。その温かな視線に。雫。



「プィ 2」など、コメントのお返事をまだ書いて居ません、日曜、夕方から寝てしまって。
今からお返事を書きますね、コメントを頂いた方、遅くなってすいません。



ことば


この詩は、実は4月13日に書いていたものです。
今まで、没にしていました。


でも、今日、偶然この詩を自分のメモから探し出して、
この詩を投稿しようと思った、何故か?
やっぱり理由があるからだと、気づきました。


受け入れて貰える、写真と詩が・・そう確信できたからだと、思います。
没にしていたのは、この詩が嫌いではなくて、その逆だからなのだと思います。


自信が無かったからもありますし、そして、大切にしていたから、没にしていた。
どちらかと言えば、珍しい没の詩だったのだなと、思いました。


他にも、没にしている詩はあります。
悲惨な事件で亡くなられた方、中傷で自ら命を絶った方、
事故や災害の詩は、殆ど没に。やはり載せられないですね。


マスコミの 無差別な 人の心をなんとも思わない姿で報道する
その 無神経さと視線と姿勢と 同じになってしまうようで・・。
被害者の心を 更に苦しめて プライベートを暴くような
そんな記事を 読みたくも 見たくも無い人が 居る事も 知って欲しい・・。



一枚の写真の訴求力。


写真の力の大きさを、本当に実感します。


写真に文字で追いかけて言葉を載せても、
その写真があるからこその、詩や言葉だと思います。


だから、
写真もイラストも使わないでブログをされているかたは、すごいなと思います。


そして、この場をお借りして、
フリーで写真を提供してくださる方々に感謝の言葉を述べたいと思います。

このブログが始められたのも、続けて行く事が出来るのも
フリーで写真を提供していただけるからだと、思います。



「本当に いつも お礼も言えず そのままに なって居ますが ありがとうございます」



これからも、どうぞ よろしくお願いします。



2008/07/27 23:36 雫。




別窓 | 心痛詩 | top↑
| 雫にサヨナラ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3