FC2ブログ
悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
猫恋詩「ねこ ねこ こねこ Ⅱ」
2009-01-17 Sat 00:00

NEKO151_convert_20080425041941_20090116213528.jpg



「ねこ ねこ こねこ Ⅱ」




こねこが うまれた 5匹だよ
白 黒 茶 三毛 虎ねこだ
みんな かわいい こねこだよ
おやねこ たまは がんばった



ねるとき いつも いっしょだね
かるくて ちいさい ほんとにいるの
くっつき ねるから ねがえりできない
まっすぐ ねるくせ ついたみたい



でもね でもね しんぱいひとつ
ねこずき かぞくで ぼくひとり
ぼくの ごはんを あげていた
五匹じゃ たりない どうしよう



きゅうしょく ともだち パンきらい
こねこに ちょうだい もらったよ
がっこう がえり ともだちみんな
てには いっぱい パンがある



PICT0009_convert_20080516111104_20090116213914.jpg



でもね でもね やっぱりだ
こんなに たくさん かえないと
でもね でもね えらべない
あげる こねこを えらべない



いえの よこに あおいかみ
こねこ あげます はりがみあった
だれも こないで いのったよ
やぶって すてたら よかったな



白が だれかに もらわれる
みゃぁ みゃぁ と ないてるよ
ぼくは さいごに あたまなぜた
なみだ ぽろりと ながれたよ



黒が ほしいと もらわれる
みい みい と はなれない
ごめんね そばに おけなくて
ごめんね 黒よ しあわせに 




PICT0007_convert_20080516111037.jpg




おやねこ たまが さびしそう
のこった 三匹 はなさない
ぼくが いえの しゅじんなら
みんな かって あげるのに



茶ねこが いなく なっている
ぼくが いえに かえったら 
さよなら いわずに あげたんだ
たまと こねこを だきしめた




のこった こねこは いつまでいるの
にひきは ひざから おりないよ
たまも  くっつき はなれない
みんな いっしょに ないてねた



おこった ぼくは かんがえた
がっこう いったら いなくなる
がっこう いかない ねこあげるから
あげない やくそく してからだ



PICT00161.png




ともだち おうちに やってきた
せんせい おうちに やってきた
ごはんも たべない ストライキ
がっこう いかない ねこのため



こまった かぞくが そうだんしたよ
こねこ にひきを のこすこと
きまって うれしくて ほうこくしたよ
たまも こねこも わらったよ・・・



ねこ ねこ こねこ
うまれた こねこ なまえを つけた
三毛の こねこは ミミにした
虎ねこ こねこは ケンにした



ねこ ねこ こねこ
やっと いっしょに くらせるね
黒 白 茶は げんきかな
ゆめで いっしょに くらそうね・・





作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




大谷育江さん-「Pikachuの聲優」 おまけ  私、大大大フアンです。
「ポケモン」(ピカチュウの声優さん) ほか 『ONE PIECE』(トニートニー・チョッパー役 など

一時体調を崩されて休業されていましたが、今は復帰されています。おめでとうございます。
チョッパーの声、大好きです。まさにはまり役です。目の前でチョッパーの声が聞きたい。
サインも、欲しい。握手も、メアドもww
 これからのご活躍を心から、願っています。雫

追記
事実も含めたお話です。
結局、書いたように、家に残されたこねこは、二匹でした。
家の横に貼ってあった紙を、本当にはがしたらよかったとも思いました。

でも、その紙を見て、見たいと言う人、来た家族の人が、みんないい人たちで・・
それだけが、本当に救いでした。猫好きな人は、私にもつたわてきましたから・・。
「可愛がってもらえよ」と、何度も頭を撫ぜました。でも、本当に淋しかったですね。

いつか、たまが こねこを産んだときの事を書きたいと思っています。雫。

この作品で使用している写真は無料写真素材「ハルと音と絵」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね。雫。


追記Ⅱ



最初は、別の詩を予定していました。

この日、14年前に起こった大震災の詩を載せる予定でした。
でも、やはり没にしました。以前も、四川の地震の詩も書いて、載せられなかった。

あの日の朝、寝ていると、耳元で「ゴー」と、いう、
今まで聞いた事も無い音が、遠くから聞こえて・・
それが、あっという間にここに。
と、同時に、家が上下に揺れ、地震が起きた事がわかりました。
実際、こんな揺れは初めてで、いつ家が崩れても仕方が無いぐらい、
それは本当に凄い振動でした。


隣に娘が寝ていて、ちょうど3歳。
思わず、覆い被さっていました。
家が壊れても子供だけは助けようと。
どれぐらいの振動が続いたのか分かりません、
早く収まってくれとだけ、願っていました。
TVをつけた、しばらくして震源地が神戸の方だと。
その後、飛び込んでくる映像、信じられ無かった。


今、戦争が起こり、空襲を受けたのではと思えるほどで。
見たくないが、見なければ情報が分からない、
とても複雑な心境だったのを憶えています。

その後も余震が続き、夜、寝るときは靴を履いたまま。
水と非常食を枕元に、逃げる場所は小学校にと。

仕事に、出かけたのですが・・もしかまた大きな地震がきたら?
もしかしたら、逢えるのがこれが最後かと、そんなことまで考えていました。

だから、やっぱり、震災の詩は載せないで置こうと思います。
生涯、没作品にしたいと。

亡くなられた方、そのご遺族、ご友人の方、未だに行方不明で見つからない方もいる
出来うることなら、もう二度とこのような震災が起こらない事を願うばかりです。
亡くなられた方々の御霊に、衷心より哀悼の意を表します。 雫。

阪神・淡路大震災
1995年(平成7年)1月17日火曜日の兵庫県南部地震によって発生した大規模災害である。
午前5時46分52秒 死者:6,437名 行方不明者:3名 負傷者:43,792名

別窓 | 猫恋詩 | top↑
| 雫にサヨナラ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3