FC2ブログ
悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
純愛詩「夏休なんて大嫌い」
2018-08-08 Wed 00:00
85768890.jpg






「夏休なんて大嫌い」




夏休み 
みんな楽しみって 言うけれど 
でもね私は 大嫌い 
だって 
学校お休みで 君に逢えないから
どこに住んでいるのか 何をしているのか 何も知らない 


ひとり 
定期券 ポッケに 家を出るんだ
逢えるはずの無い 君の影を捜しに
ガタンゴトン 
レールは 不安な心  知ってるように響く
揺れる車窓 茶色の校舎 行っても切ないだけなのに



駅はいつもと同じ 
斜めになったホーム 曲がったレール
何もかも同じなのに 
誰も居ない 君が居ない 私だけ ポツン
涙が出そう 
来なけりゃ良かった 後悔ばかり 背中が淋しい
座り込んだベンチ 
何本もの電車 入っては出て行く 私だけを残して


暑い日ざし 
指を包んだ 悲しそうなセミの声 耳に届いた
やっぱり行こう 学校 
逢えない君に 一歩でも近づきたいから
暗い階段 地下通路 
切れた蛍光灯 靴音ひとつ響いたよ
改札出たら 日差しが眩しい 
遠い道  長い時間が少し優しい


緑の街路樹 
蔭が優しい ひとりぽっちだから 気づいたよ
急な坂道 
見上げるたびに いつもドキドキ同じだね 君を捜してる
似ている 背中見るたびに
今日はラッキー! でも やっぱ アンラッキー!
嬉しくて 恥ずかしくて 
怖くて 心臓止まりそう でも今日は望みないよね 
 

坂道辛くても 
もしかしてって 思ってた ありえない奇跡 望んでた
やっぱ 無理ジャン 
子供みたいな夢 今も胸に 甘いんだよ って どこかで 
見えたのは 閉ざされた門 
私を拒んでる 来ちゃいけなかったんだ
涙が流れる 
ポロポロ どうしようもないぐらい 惨めな自分が見えるよ


でもね 
やっぱ 恋は盲目 あり得ない 奇跡を望んでる
乙女心 
駄目だよ 甘過ぎるよ 否定する心 さらに 否定する
青空見上げた 
ありがとう 晴れてくれて 雨 ずぶ濡れなら惨め
もう少ししたら 帰ろう 
何だか 吹っ切れた ユーターン 胸張って






不思議だね 
諦めかけたら 夢が飛び込んできた 嘘 まさか 奇跡が
白いシャツ 日焼けした顔 こぼれる 白い歯 
なんで 君が ここに
倒れそうになりながらも 見詰めた 
なんで 君も 私を 見詰めるの?
救急車 119番通報 心臓発作 転倒寸前 真っ赤な顔 心臓バクバク


互いに言った 
「なんで きみが ここに」 二人の言葉 ハーモニー 
何だか ここに 来たくて 来てしまった って 君が 言うから 
私も 同じ 
誰かに 会えるような気がして って 言ってしまった
偶然だね 
何かに引き寄せられたみたい って 嬉しい言葉 君が


うん って 言って 笑ったら
君も にこっと 白い歯見せてくれた
でも 名前も知らない 
何話そう そしたら 私の名前 呼んでくれた
え?なんで?知ってるの?
嬉しい不思議 ほんとに倒れて しまいそう
前から きみのこと 知ってる 
1年B組だよね 美術部だよね って


信じらんない 
何も知らないのが私で 君が知ってるなんて 不公平
でも 嬉しくて 涙でそう 
夢じゃない? ホッペ つねろうとして 止めた
ほんとに夢で 覚めたら 後悔するから 
どんな顔しているの?今の私
ねぇ かき氷 一緒に食べない?
君 誘ってくれた もち OKに決まってんじゃん


おしとやかに 座った 
君の隣 特等席 天にも舞い上がる 天女の心
何にする?考えた 
イチゴ大好き でもね 唇赤くなって おばQになったら困る
思考回路 ほとんど 停止状態 
店のおばさん あら 今日は特に 暑いね って
今日は 私の おごりだって 
ミルク金時宇治茶デラックスを ふたつ ハイ って


ありがとうございます って 言ったら 
また ふたりのハーモニー 揃って おばさん お似合いだねって
冷やかすもんだから 
恥ずかしくて嬉しくて 今日はデート? まさか 駆け落ちじゃないよね とか
でも 良かった 
笑っていたら ほぐれて打ち解けて 今初めて 校門で会ったと 正直に言えた
あんた達 きっと 上手くいくよ 
だって ほら 赤い糸が 指で繋がって 見えているよ って


えっ 互いの指先見詰め 
そんな嬉しい事言ったら ほんとに 泣きそうになった
見上げたら
空の雲が ハートに見えたよ
おばさんに ありがとう って 何度も言った
並んで歩いた 
急な坂道 君の袖掴んで 甘えた
こうなったら 夏休みの間 
ずっと くっついてやるんだ 絶対 離れないからと 決めたんだ
夏休み だ~い 好き!!!




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。




2018/08/06追記
この詩は可哀想な詩で、やっと投稿できました。

書いたのは、実は昨年2017/03/09でした。
夏に投稿しようと思っていたら、腰痛で夏休み前にブログを閉鎖。

今年も、夏にと思っていたら、また同じように写真と動画が見つからない。
焦っているうちに、もう夏休みに入ってしまった。

写真、何枚も貼ってはやり直して、やっとこれだと。
一部、詩も書き直して、これでいけると思いました。

あとは動画だけ、色々検索して、片思いで検索すると、イメージに合う曲が見事にヒット。
やっと揃いました、詩も喜んでいると思います。
みなさんも素敵な、夏休みをお過ごしください。雫。。

この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
別窓 | 純愛詩 | top↑
| 雫にサヨナラ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3