FC2ブログ
悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
童話 「小さな丘の小さな家」
2017-06-01 Thu 12:10
 17157746.jpg






図書室へ行った。  
小さな茶色の本があった。
題名があった 「雫詩」 って。

その中のひとつに目がとまった。



 「小さな丘の小さな家」




            
 小高い丘の上に、小さな家がありました。

家の前には細い一本道が、ふもとの町まで続いていました。



家の横には大きな橡の樹が、家を守るように立っています。

風がそよぐと、大きな掌のような枝や木々が、さわさわと、やさしい音を奏でています。



小さな家には、おばあさんが、一人で暮らしています。

昔は、おじいさんと、とても仲良く楽しく暮らしていましたが、今は一人になっていました。




おばあさんの楽しみは、おじいさんの写真に話しかけることでした。



小さなお花畑に、四季折々の花を植え、

花が咲いた事や、蝶やトンボが舞った事。


小さな命を大切にした、おじいさんの喜びそうな話を、

そして時には、子狐が遠くの森から遊びに来てくれた事も。




写真は答えてはくれないけれど、二人で暮らしていたときと同じように、笑顔で聞いてくれます。




49631_201705311122332b2.jpg



ある朝のことです。



小さな女の子が、ひとり赤いランドセル背負い、目の前の道を歩いていました。


見ていると、長い黒髪を風にそよがせながら、通い慣れたように、


早足で麓に駆け下りて行きます。


みるみる小さくなって、すぐに見えなくなってしまいました。



その日、自転車に乗って町まで買い物に。

行きは簡単。

自転車に乗って、子供のように両足をぴょんと左右に伸ばして、下り坂を駆け下りるだけです。

でも帰り道は大変、坂道の始まりから、自転車を押さなければいけないから。



登り坂、

自転車を押して

帰り道の時・・・



とうとう疲れて自転車を止めて休もうとした時、

急に自転車が軽くなり、前に進むではありませんか。



びっくりして振り向くと、朝の少女が自転車を押してくれていたのです。


「あら、まあ・・ありがとう」おもわず、お礼を言うと。



「坂道、大変だから、押してあげるね」と、言ってくれました。



女の子が「よいしょ」押してくれるので、

おばあさんも一緒に「よいしょ」と、掛け声をかけて、登って行きました。



一人で登る坂道が、

今日はとても楽しい帰り道になりました。




やっと家に着きました。




「ありがとう、本当に助かったわ・・えっと・・お名前は?」

「あかりです、みんなはアカって呼ぶよ」



「そうなの、じゃ、アカさん、お礼にジュースでも、どう?」

「うわあ、嬉しいな、良いの?」



「ええ、小さな力持ちさんにお礼をしたいから」と微笑みました。




おばあさんは、ずっとずっとひとりぼっちだったから、

本当に久しぶりの会話が嬉しくて、楽しくてしかたがありませんでした。




・・・・・




「おばあさん、暗くなるから帰ります」



「ああごめんなさい、気がつかなかったわ、楽しくて

・・お家の人が、心配するわね」





アカは、何も答えず、少し淋しそうにうつむきました。





「じゃ、おばあさん、ありがとう・・また、来ても良い?」



「ええ、もちろんですとも、毎日でも来てほしいわ」



それを聞いたアカは、飛びっきりの笑顔になって




「じゃ、毎日遊びに来ます」



そう言うと、ドアを出たと思ったら隣の丘に続く道を走っていきます。



それは

それは


足が速くて、すぐに森に姿が消えてしまいました。




おばあさんは、しばらくそこに立ったままでした・・。




そして、家に入ると

すぐに

「おじいさん、今日はとてもいい日になりましたよ」と、

いつものように写真に話しました。




写真のおじいさんは、いつもより嬉しそうに、微笑んでいるようでした。






翌日から、本当に毎日、アカは遊びに来てくれました。


おばあさんは、もうそれが楽しくて、ずっとこんな日が続いてくれたらと、


おじいさんの写真に、お願いをしていました。



・・・・・・



1194539_201705311128217ab.jpg





出会った時は春、


そして季節は過ぎ、夏、


そして秋、寒い冬をむかえても、


アカは、毎日おばあさんの家に遊びに来ました。


まるで本当の孫とおばあさんのように。





おばあさんは、もう淋しくなんかありません。


気のせいでしょうか、話しかけるおじいさんの写真が、


笑い声が聞こえるぐらいに、笑顔になっていくように感じました。





そして、いつもより寒い冬の日、トントンと家のドアを叩く音が。


きっとアカです。


おばあさんは、走るようにドアを開けました、アカです、


今日は雪が降っていて、黒く長い髪が白くなっています。




「早く暖炉の傍に」



アカは


「火が怖いの、だから椅子に座っているわ」




「そう、じゃそうして」


見ると、アカの掌に一輪の花が。




「おばあさん、これ摘んできたの、好きだといいけれど?」



黄色い可憐な花、福寿草でした。



「大好きな花よ、花瓶に入れましょうね」



暖炉の上にある、花瓶を取ろうとしたとき、



アカのために、マフラーを編んでいた毛糸に、足がからまって、転んでしまいました。





大変です、暖炉に、おばあさんの手が入ってしまいました。



「熱い」


おばあさんが叫ぶと、




アカは火が怖いと、言っていたのに、


真っ赤な、火の中のに手を入れて、おばあさんを引っ張りだしました。




「ありがとうね」



そうおばあさんが言った時、


アカの髪に、火が移っていました。






今度は、アカが叫びました








「キャン!」と・・。







おばあさんはアカを見て、呆然としました。





それは、アカではなく、子狐だったからです。





「あなたは・・」




おびえたように、言うと





「ごめんなさい、おばあさん、嘘をついていて」・・・





長い沈黙が続きました。




そしてアカが。





昔、ワナにかかった、お母さん狐のことを、話し出しました。





通りがかった、おじいさんとおばあさんが、罠を外して、助けくれたこと。


ありがとうとも、言えず、お母さん狐は、そのまま逃げてしまった事。



・・その時の傷がもとで


お母さん狐が死ぬときに、




人間は怖いけれど、あの二人は、優しくて大丈夫だと、


そして、助けてもらったお礼ができないことを、悔やみながら死にました、と。





一人になった私が、時々二人に会いに行ったけれど、


おじいさんが亡くなって、おばあさんも一人ぼっちで・・



私も一人で淋しくて・・。





毎日泣いていたら、神様が来て、


人間の女の子に変えてくれたの、


でも、もし狐だと分かったら、二度と人間の姿になれないと・・。





そう言うと、泣き出してしまった。





アカは、あの時助けた狐の、娘だった。


おばあさんにも、初めて、全てが分かりました。




そして、言いました。



「アカ、このまま毎日ここに来ても良いよ、



いいえ、一緒に暮らしましょう」と。





アカは嬉しかった、




でも、神様がきっと、許してくれないと思った。




二度と、人間の女の子の姿、になれないのだから。






ビューと大きな風の音が聞こえた。



ドアがガタガタと揺れた。





二人はびっくりして、寄り添った。




気が付くと



白い髭の老人が、暖炉の横に立っていた。





「あ、神様!」と、アカが言った。




おばあさんが、アカを抱いた。



そして、言った、大きな声で。



「アカは渡しません、私の命です!」と。




神様は、穏やかな表情で言った。



「わしは、ずっとお前達を見ていた。



本当の家族でも、これほど仲良く出来ない事を」




おばあさんは、心配そうに言った



「でも、連れて行ってしまうのでしょ?アカを」





「運命じゃ」・・・




そう聞いたとき、おばさんは、目の前が真っ暗になりました。



アカも、約束だもの・・と、



なみだがポロリと、床に落ちました。





神様は続けて言いました。




「運命じゃ、今日、アカが福寿草を摘んだ時、分かったのじゃ。




福寿草の花言葉を知っているか?」



おばあさんが、ハッとして言いました。




「永遠の幸せ」です、と。




「そうじゃ、お前達は、結ばれた二人じゃ」と。



アカが叫んだ!



「それじゃ、おばあちゃんと、これからも一緒に暮らしても良いの?」



「あはは」と、神様は笑った。



「良いも悪いも、そんなにも互いを大切に思っている、二人を引き離したら、


わしは、神様では、いられなくなるではないか。


良いことの手助けをするのが、わしの役目じゃからな」と。




二人そろって「神様 ありがとうございます」




何度も、何度も、お礼を言うと、


それ以上は、ただ抱き締めあって・・


わんわんと 泣くばかりでした・・。





神様の姿が消えると同時に、


二人の火のケガも消えていました。


そして、


アカは、元の少女の姿に戻っていました。。









・・もうすぐ寒い冬が終わりを告げます、

二人の笑顔のような、春はもう、すぐそこまで。



今日も橡の樹が、二人が暮らす家を守るように立っています。

その掌のような木々は、まるで二人を抱きしめる、おじいさんのようです。




23042741.jpg



読み終えたら、僕の手から、小さな茶色の本、消えていた。


図書室の外を見ると、大きな橡の樹が、目に入った。

その掌のような木々に、

抱かれて、アカとおばあさんが暮らしている・・

丘の景色が、目に浮かぶようだった.。


今度の休日は、

自転車に乗ろう、おにぎりを作って。


橡の樹が、見える丘まで、どこまでも走っていこう。

そこには、

きっと小さな家があるはずだ、ふたりの笑い声が聞こえる家が・・。




作品を最後まで読んで頂き、ありがとうございます。






この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
別窓 | 童話 | top↑
| 雫にサヨナラ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3