FC2ブログ
悲しい想い出は 忘れなくていいよ。 大切にしまっていたらいい。 前に進む勇気が 君にはあるはずだから。。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ブログ終了のお知らせ
2019-04-01 Mon 00:00
5040440.jpg





ブログ終了のお知らせ




いつも突然で、本当に申し訳ございません。

やはり、腰痛の痛みがどうしても取れません。

長時間姿勢の悪いまま、座っているのが良くないのだと思います。

座っている時は痛みはないのですが、立ち上がる時、歩行さえ情けないぐらいになります。

良い姿勢、立った時などの形ですが、それが痛みに変わってしまします。



このままでは腰痛の悪化等で、日常の生活が出来なくなる心配がさらに増えてきました。

なので、やはりこのままでは将来、娘などに負担をかけそうです。

本年、ブログ再開時も、同じように迷い、悩み続けて居ました。

ブログを辞める理由は、それが一番の理由です。

娘は遠方で立派に家庭を持ち、家族を守り生活しています。

その根本を、親である私が壊してしまうことが心配なのです。



さらに、基本の心配は、脳梗塞の再発です。

喀血した原因の血をサラサラにする薬、

予定の量を飲んで再発率30%、全く飲まなければ再発率は60%だと医師に言われました。

昨年、喀血した、副作用の内出血を押さえるため、今は量を半分に抑えています。

結果、数字上ですが、再発率は45%になります。

その心配も、常に伴いながら生活しています。



とても健康体とは言えない身。

いつかはこのような、最後のお知らせを書かなければいけないと思っていました。

ある日突然、身体に変調をきたし、最後のお別れも言えずに終わりたくありません。

まだ、今ならちゃんとお別れも、挨拶も出来るのではと、思うようになりました。

どうか私の、身勝手な願いをお聞き入れて頂きたいと思っています。



結果を報告させていただきますと、04/01がコメント交流の出来る最後の投稿になります。

最初、1週間後にに終わろうと思っていたのですが、どうも長すぎると思います、

辞めると決め、だらだらと続けるのは形としてよくありません、なので3日間にしたいと思います。

この日から04/03まで、、皆さまのブログなどを今までと同じように訪問したいと思っています。

この期間に、コメントなど書いて頂ける場合は、どうぞ宜しくお願い致します。

ただ、04/03ブログ終了間際にコメントを書いて頂いても、お返事が書けないので、

大変申し訳ないのですが、ご記入頂ける時はは04/03の夜、22:00までにお願いしたいと思っています。

もし、コメントなどがあり、お返事を読んでいただくために、この日はコメント欄は閉じないで置きます。

翌、04/04 00:00に、全てのコメント欄、拍手欄を閉じ、ランキングも外したいと思います。

これが、身勝手ながら、ブログ終了のプロセルになります。



ブログの詩は、ブログ内に入れずに、そのままに残したいと思います。

尚、まだブログ内に仕舞ってある過去詩を、どうするか考えたのですが・・。

本日より、少しずつ過去の投稿日に戻してあげたいと思っています。

ブログ終了の、其の日までに日の目を見させてあげたいと思っています。

作品は、私の子供のようなもので、最後まで大切にしたいと思います。



残念なことが一つ、未完成の詩が100ほどあります。

もし出来上がれば、身勝手とは思いますが投稿したいと思っています。

ただ、コメント欄、拍手欄は閉じたままで。

詩は私の子供のようなもの、10数年前と同じようにしてあげたいと思っています。

誠に身勝手な言い分ですが・・

今も尚、何とか元気で暮らしている証拠、と笑って見過ごして頂きたく思います。



以上、いつもそうですが、突然のご報告誠に申し訳ございません。

04/04以降は、コメントなどの交流が出来ませんが、

ふと立ち寄り詩などを読んでいただけたら幸いです。

こんな詩があったなと、懐かしく時折寄って頂けたらと思います。

そして、いつか将来、孫にも読んで貰いたいと願っています。

私の将来は、書いたように文字表現が好きなので、健康でさえいれば、

公募の童話作品応募等にチャレンジ出来たらと思っています。

そして、

子供達の将来を見守り、ささやかでも応援したいと思います。

孫を授かりました、孫の成長、子供たちの未来を見続けたいと思っています。




長々と、書きました、最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。




長い間、ブログを続けることが出来たのは、訪問応援して下さる皆さまがあったからです。

心より、感謝申し上げます。

そして、写真などを無料で提供して頂いた皆さまにも、心より御礼申し上げます。

最後に、動画投稿の皆さまにも本当にお世話になりました、重ね重ね御礼を申し上げます。

皆さまのご健康、ご栄達、ご繁栄を願って、最後の言葉といたします。

ありがとうございました。


雫。。





この作品で使用している写真は画像素材
写真素材 フォトライブラリー」さまからお借りしています。
素敵な写真がいっぱいです、ぜひ訪問してくださいね
別窓 | お知らせ | top↑
| 雫にサヨナラ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
http://002.hitgraph.jp/i.asp?139543-2 http://002.hitgraph.jp/o.asp?139543-3